悲しいかな、中流層のためのロビイストはいない。

解説

 ブログメディア「ハフィントンポスト」の創設者、アリアナ・ハフィントンは言う。
 アメリカの政治は崩壊している。それは、「1人1票」という民主主義の基本原理が、私利私欲にまみれた政治的な駆け引きにとって代わったためである、と。
 これを象徴するのが、ワシントンにいるロビイストと、彼らの使う金が急増していることだ。
 2009年には、1万3700人を超えるロビイストが、総計35億ドルという記録的な金額を使って、利益団体にとって有利な政策を導き出そうとした。これは2002年の2倍の額だ。
 上下両院の議員は計535人だから、仮に35億ドルを535人で割ると、利益団体のために動いた見返りとして、議員1人の懐に年間650万ドルが入ったことになる。これに加えて数百万ドルもの金が、経済界から政治家に流れている。こうしてロビイストたちは、政治を意のままに動かしてきた。
 2008年、国民は「変化」を求めて投票した。
 だが、ワシントンのロビイストたちは、ウォール街やエネルギー政策や医療保険を改革しようという計画を骨抜きにし、葬り去ってしまった。
 重要な法案が下院や上院で審議されている時、メディアは何か大変なことが争われているかのように伝えたがるが、実はその頃には勝負はついているものだ。本当の戦いははるか前に起こり、たいていロビイストが勝つ。
 アメリカが今進んでいる壊滅的な道を変えるには、ワシントンの政治を意のままに動かしてきたロビイストたちを叩きのめさなくてはならない。
 だが悲しいかな、勤勉に働く多くの国民の利益を守るロビイストはいないのである。

誰が中流を殺すのか アメリカが第三世界に墜ちる日

誰が中流を殺すのか アメリカが第三世界に墜ちる日

著者 アリアナ・ハフィントン
出版社 阪急コミュニケーションズ
発行日 2011年11月3日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求