世の中では、失敗を見る時、「原因」と「結果」だけを見て、失敗の原因を捉えようとする。それでは、的確に原因を分析するには不十分である。
 失敗体験を、次に利用できるように分析するためには、原因を「特性」と「要因」とに分けて考えることが不可欠である。

解説

 失敗を繰り返さないためには、失敗から学ぶ必要がある。その際、非常に重要なのは、失敗原因の捉え方である。
 失敗学の権威、畑村洋太郎氏が述べるように、そのカギは、失敗の原因を「特性」と「要因」に分けて考えることである。
 特性とは、企業体のような、あるシステムが持っている「失敗を起こす特性」である。その特性に対して、何らかの要因が働くから「結果」が生じる。そう考えると、失敗の意味が明確に見えてくる。
 例えば、雪印乳業の食中毒事件の場合、まず「特性」として同社の企業体質があった。それは、「儲け優先でどんなことでもやる」「自分に都合の悪いことは見ない」というものだった。
 この特性に対して、「牛乳が安くてあまり儲からない」という要因があった。そのため、一度出荷された牛乳が戻ってきた時に、「検査もせずに再利用する」「毒素の入った材料を平気で出荷する」といった結果を引き起こしたのだ。
 そう考えると、システムが持つ特性が変わらない限り、同種の要因があれば失敗は繰り返される、ということがわかる。
 このように、失敗原因の特性と要因が把握できると、「どのような結果を生じるのか」ということが推測できるようになる。
 ただし、失敗の結果は目に見えるが、特性や要因は目に見えない。そこで、結果から特性や要因を逆演算して推定していくことが必要になる。
 組織としてこうした失敗原因の捉え方ができると、同じ失敗を繰り返すことはなくなっていく。これが「強い会社」を作っていくプロセスである。

起業と倒産の失敗学

起業と倒産の失敗学

著者 畑村洋太郎
出版社 文藝春秋(文春文庫)
発行日 2006年7月10日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求