「俺は働き盛りの大半を、世のため人のためにつくしてきた。ところが、どうだ ―― 俺の得たものは、冷たい世間の非難と、お尋ねものの烙印だけだ」
 と、嘆いたのは、かつて全米をふるえあがらせた暗黒街の王者アル・カポネである。

解説

 アル・カポネほどの極悪人でも、自分では悪人だと思っていなかった。それどころか、自分は慈善家だと考えていた。世間は彼の善行を誤解しているのだ、というのである。
 人は、たとえ自分がどんなに間違っていても、決して自分が悪いとは思いたがらないものだ。これは悪人だけの話ではない。我々もまた同じである。
 心理学者ハンス・セリエは、こう言う。
 「我々は他人からの賞讃を強く望んでいる。そして、それと同じ強さで他人からの非難を恐れる」
 だから、もし他人を非難したくなったら、アル・カポネの話を思い出すといい。
 人の過ちを正したりすると、相手は逆にこちらを恨む。人を非難するのは、天に向かって唾するようなもので、必ずわが身に返ってくる。
 人を非難することは、どんな馬鹿者でもできる。そして馬鹿者に限ってそれをしたがるものだ。
 人を動かす原則の第1は、「批判も非難もしない」である。人を非難する代わりに、理解するように努めよう。なぜ相手がそんなことをするのか、よく考えてみよう。その方がよほど得策である。

〈 人を動かす3原則 〉

  • 【原則①】批判も非難もしない。苦情も言わない。
  • 【原則②】率直で、誠実な評価を与える。
    • 人は例外なく、他人から評価されたいと強く望む。この事実を忘れてはならない。人をほめ、評価してやれば、相手の心を手中に収められる。

  • 【原則③】強い欲求を起こさせる。
    • 人の行動は、心の中の欲求から生まれる。ゆえに、人を動かすには、相手の好むものを話題にし、それを手に入れる方法を教えてやることだ。

人を動かす[新装版]

人を動かす[新装版]

著者 D・カーネギー
出版社 創元社
発行日 1999年10月20日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求