退屈に耐える力をある程度持っていることは、幸福な生活にとって不可欠であり、若い人たちに教えるべき事柄の一つである。

解説

 英国を代表する思想家のバートランド・ラッセルは、次のように読者に語り掛ける。
 “興奮”に対する欲望は、人間、ことに男性においてすこぶる根深い。この欲望は、恐らく狩猟時代には容易に満たされただろう。狩猟には、興奮があったからだ。
 しかし、農業の発達とともに、生活は“退屈”なものになった。中世の頃の、冬場の夜を想像してみるがいい。暗くなると、灯りとしてはロウソクしかなかったので、人々は読み書きすらできなかった。手軽に楽しめる娯楽も限られていた。その退屈さたるや、恐ろしいほどだったろう。
 今日の私たちは祖先ほど退屈していない。それなのに、彼ら以上に退屈を恐れている。そして、がむしゃらに興奮を追求することで、退屈を避けようとする。
 その結果、人々は、絶えずあちらこちらへ移動して、ダンスを、酒を楽しむ。人々は車に乗り、映画を楽しむ。若い男女は、昔よりもずっと簡単にデートができる。
 だが結局、退屈を免れることはできない。前の晩が楽しければ楽しいほど、翌朝は退屈になり、より強い刺激が必要になる。
 一定の量の興奮は健康によい。しかし、他のほとんどすべてのものと同様、問題は分量である。
 少なすぎると渇望を生み、多すぎれば疲労を生む。そして、興奮に満ちた生活は、心身を消耗させることになる。
 だから、退屈に耐える力をある程度持っていることは、幸福な生活にとって不可欠である。
 古来、偉大な人の生涯は退屈な期間が長かった。
 例えば、カントは一生涯、ケーニヒスベルクの町から10マイル以上離れたことはなかった。ダーウィンは世界一周をした後、残りの生涯をずっとわが家で過ごしている。

ラッセル 幸福論

ラッセル 幸福論

著者 バートランド・ラッセル
出版社 岩波書店(岩波文庫)
発行日 1991年3月18日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求