ギャンブルでは、たいていの場合、プロが勝つ。なぜか?
 アマチュアのギャンブラーは自分に都合の良いカードが出るように願ったり、祈ったりする。これは楽観主義に他ならない。
 それに対してプロは自分に不利なカードが回ってきた時のことを考えながら行動する。これが、プロがアマチュアに勝る理由である。

解説

 運・不運の違いはどこにあるのか?
 その答えを求め、ジャーナリストのマックス・ギュンターは1000人以上の人生を観察した。
 その結果、わかったのは、運の良い人は総じて悲観的だということ。一方、どんなに悪い結果でも気にせず、いつも陽気な楽観主義者は、残念ながら不運な人生を歩むという。
 運の悪い人が抱えている問題は、「運」と「計画」を区別できないことにある。
 不運な人は、何度かの成功に気を良くして、「成功したのは自分がうまくやったからだ」と勘違いし、同じ戦術を繰り返す。そして、最後には必ず失敗する。
 仕事、人間関係、お金に関して、運の良い人は「運」と「計画」を区別する。自分の思い通りになることは限られている。この点をわきまえているからこそ、運の良い人はこう考える。
 「状況が悪い方向に進むこともある。だから、悪い結果が起きることを想定しなければいけない。最悪の結果は何か? それはどういうものか? 自分を守るために何ができるのか?」
 プロのギャンブラーは、楽観主義を拒絶することによって勝ち続ける。さらに、最悪のケースを想定し、自分に不利なカードが回ってきた時のことを考えながら行動する。これが、プロがアマチュアに勝る理由である。
 ウォール街でも同じで、投資における敗者は楽観主義者なのだ。

運とつきあう 幸せとお金を呼び込む13の方法

運とつきあう 幸せとお金を呼び込む13の方法

著者 マックス・ギュンター、林 康史(監訳)
出版社 日経BP社
発行日 2012年4月23日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求