どんな論理であれ、論理的に正しいからといってそれを徹底していくと、人間社会はほぼ必然的に破綻に至ります。

解説

 数学者の藤原正彦氏は、今日の世界を見渡して、次のように指摘する。
 今、日本は荒廃しているとよく言われる。だが、世界中の先進国は皆、似たような状況である。核兵器、犯罪やテロは確実に広がっている。家庭崩壊や教育崩壊も、先進国共通の現象である。
 この荒廃の真因は、一体何か?
 それは西欧的な論理、近代的合理精神の過信に他ならない。
 論理や合理は重要だが、人間はそれだけではやっていけない。にもかかわらず、先進国は論理を徹底し、様々な破綻を生じさせてしまった。
 例えば、帝国主義にはきちんとした論理が通っている。「お前たちは劣等な民族であり、自ら国を治められない。だから、優秀な民族である英国人が統治してあげる」という親切な論理である。
 1900年の時点の英国には、人格者も聖職者もいたはずだ。しかし、論理がきちんと通っていれば、後で振り返ると非道に思えることでも、なぜか人間はそれを受け入れてしまうのである。
 現在、世界を覆っている「競争社会」や「実力主義」も同じようなものである。
 もちろん、これらは組織の繁栄に寄与する。どんな組織でも、構成員を競わせ、無能な者をクビにして、有能な者のみを残すのが一番いい。論理的には筋が通っている。
 だが、実力主義を徹底したらどうなるか。同僚は全員ライバルになり、ベテランは新入りにノウハウを教えなくなる。その結果、組織は非常に不安定になり、穏やかな心では生きていけない社会になってしまう。
 好例が米国である。人口当たりの弁護士の数は日本の20倍、精神カウンセラーの数は50~60倍にのぼる。競争社会を徹底すると、そういう人々を大量に必要とする社会になるのである。

国家の品格

国家の品格

著者 藤原正彦
出版社 新潮社(新潮新書)
発行日 2005年11月20日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求