人はそんなに変わりようがない。
 足りないものを植えつけようとして
 時間を無駄にするな。
 その中にあるものを引き出す努力をしろ。
 これこそ本当に難しい。

解説

 世論調査を手がけるギャラップ社で17年間、世界トップレベルのリーダーやマネジャーの調査に携わったマーカス・バッキンガム氏。
 氏は、「世界最高レベルのマネジャーたちは、どのようにして才能がある従業員を発掘し、仕事に専念させているのか?」と疑問を持ち、その回答を求めて、様々なマネジャーにインタビューを行った。
 その結果、優秀と評価されているマネジャーの間に共通項はあまりないことがわかった。性別、人種、年齢、そして行動スタイルも、目標も異なる。
 しかし、ただ1つ共通点があった。優れたマネジャーが何万人もこだまのように口にした、ある1つの考え方がある。
 それが、上記の言葉 ―― 「人はそんなに変わりようがない。足りないものを植えつけようとして時間を無駄にするな。その中にあるものを引き出す努力をしろ」である。
 この考え方こそ、優れたマネジャーに備わった知恵の源泉である。
 部下にどのように接し、彼らのために何をするのか、その全てがこの考え方に反映されている。マネジャーとして成功するための基本なのだ。
 マネジャーの役割は、部下の内面に入り込んで、その部下ならではの才能を解き放ち、パフォーマンスに結びつけることである。
 そして、そのために最も効果的なのが、部下を1人ずつ相手にすることである。
 部下に個別に質問をし、話を聞き、そして一緒に仕事をする。すなわち、マネジャーが1対1で接することこそ、企業の活力の源泉である。

まず、ルールを破れ

まず、ルールを破れ

著者 マーカス・バッキンガム、カート・コフマン
出版社 日本経済新聞出版社
発行日 2000年10月20日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る