〈 ピーターの法則 〉

 階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する。

解説

 組織と名のつくところには、必ずといっていいほど、怠け者や仕事のできない人間がごろごろしている。
 なぜ、無能な人間がはびこっているのか?
 教育学者のローレンス・J・ピーター氏らは、そうした無能な人間たちの事例を分析した結果、1つの結論にたどり着いた。それが、上記の「ピーターの法則」である。
 ここでいう階層社会とは、身分や等級、階級に従って構成員の配置が決まる組織のことである。
 この階層社会 ―― ビジネス界、政界、官公庁、教育界といった世界で働く人は、誰一人として、ピーターの法則の支配から逃れられない。
 有能だと認められて昇進し、次のレベルでも有能でいられるケースもある。しかし、新しい地位で有能と認められるということは、さらに次の昇進が待っているということだ。
 つまり、すべての個人にとって、最後の最後の昇進は、有能レベルから無能レベルへの昇進となる。
 すべての個人は、その人なりの無能レベルに行きつくまで昇進し、その後はそこに留まり続けるのである。そして、組織は次のような帰結を迎える。
 「やがて、あらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間によって占められる」
 これを、「ピーターの必然」という。

ピーターの法則

ピーターの法則

著者 ローレンス・J・ピーター、レイモンド・ハル
出版社 ダイヤモンド社
発行日 2003年12月11日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る