2005年5月号掲載

プロカウンセラーのコミュニケーション術

プロカウンセラーのコミュニケーション術 ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

ロングセラー書として現在も売れ続けている『プロカウンセラーの聞く技術』『プロカウンセラーの夢分析』(共に創元社刊)の著者による最新刊。優れたコミュニケーションの取り方が、臨床心理学の視点も含めて解説されているので説得力がある。話し方、コミュニケーションに関する類書は多いが、その中でも本書はお薦めの1冊。

要約

プロの聞き方・話し方とは?

 伝わらないと腹が立つ。受け入れられないと寂しくなる。合わせすぎると虚しい。——とかく難しいのが、コミュニケーションである。

 では、コミュニケーションのプロであるプロカウンセラーは、どんなことに注意して話を聞き、発言しているのか?

屁理屈の陰に本心あり

 理屈に合わないことを言われると、誰しも腹が立つ。この場合、屁理屈を言っている相手が自分と関係のない人なら、放っておくのが最善だ。やがて皆から嫌われて、いなくなる。

 だが、放っておくことができない場合がある。

 例えば、あなたが資料作りをB君に任せていたとする。前日に確認したところ、B君は「忙しかった」などと、できない言い訳ばかりする。

 誰に任せても、時間的に無理なものなら、無理をさせたあなたに責任がある。

 もし誰でもやればできる仕事なのにB君ができないという場合なら、彼の能力に問題があるか、あなたに対する彼の反抗である。

 一番厄介なのは、B君が反抗心をもっている場合である。意識的か無意識的かはわからないが、B君はあなたが困ることを望んでいるのだ。

 知らず知らずのうちに、自分の言動がB君の心に反抗を生んでいないかを考えてみる必要がある。

 B君の責任だと切り捨てるのは簡単だ。だが、それだと、自分の人格の成長はそこで止まる。B君を理解し、彼も、自分も満足する道を発見できたら、このピンチを真に乗り越えられるのである。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

話を聞かない男、地図が読めない女 男脳・女脳が「謎」を解く

アラン・ピーズ 主婦の友社

柴田和子 終わりなきセールス

柴田和子 東洋経済新報社