2017年12月号掲載

「話し方」の心理学

Original Title :Getting Through to People

コミュニケーション・心理学
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

相手が集中して話を聞いてくれない、こちらの説得を受け入れない…。会話において、なぜこうした反応が返ってくるのか、その奥にどんな感情があるのか、米国の産業心理学者が分析し、対処法を示した。1963年の刊行以来、全米で読み継がれてきた対人術の名著。コミュニケーション力、対人能力を磨く上で、大いに役立つだろう。

要約

人の感情にどう向き合うか

 私たちは、言葉を通じて相手とわかり合おうとする。だが、あふれるほどの言葉を費やしても、うまく意思を伝えられない。なぜか?

 私たちは、自分でも気づいていない欲求に常にひっぱられている。人に嫌われたくない、快楽を味わいたい、もっと権力を握りたいなど、知らず知らずのうちに人は様々な願望を抱く。そうした願望が、思考を操ろうとするのである。

 だから、ある課題について理性的に話し合おうとしているのに、気がつけば自慢話になったり、嫌味を言ったりしている。本人も気づいていない願望が、論理的な思考を妨害し、理性的な話し合いも本来の目的もどこかに行ってしまうのだ。

 だが、テクニックさえつかめば、こうした問題を解決し、互いの意思を伝え合うことができる。

人は感情に突き動かされて自己表現をする

 怒り、怖れ、喜び、罪悪感、恥、羨望 ―― どれも、私たちが抱く感情だ。人は強く何かを感じると緊張し、緊張を取り除くために行動を起こす。手っ取り早いのは、話すことである。

 こう考えると、会話とは単なる意見の交換ではない。会話とは、感情を発散するための手段であるとわきまえておくべきだ。つまり、会話の際はこうした感情にうまく対処する必要がある。

感情のすり替え

 私たちは感情を巧みにすり替える。例えば ――

 フランクは決断に迷い、ビルに相談した。ビルはアドバイスしてくれたが、フランクには納得のゆかない内容だ。ビルは自分の気持ちをわかってくれていないのではないか、とフランクは思う。そして、ビルへの怒りが生まれる。その怒りを正当化するため、フランクはビルを悪者にする。真剣に取り合ってくれない彼が悪い、と。

 だが、フランクが一番腹を立てている相手は自分自身だ。決断できず、ビルに頼らなくてはならない自分に怒っているのである。しかしそれは、正面から受け止めるにはあまりにも不快な感情である。そこで、ビルに怒りの矛先を向けた。

 このように感情はすり替えられてしまうので、不快な気持ちを理屈で解消するのは難しい。原因は他にあるのだから、理屈に合わなくて当然なのである。

人の感情にどう対処するか

 では、どうしたらいいのか? 感情への対処の仕方を3種類紹介しよう。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

最強の集中力

ニール・イヤール 日経BP

オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 同文舘出版

事実はなぜ人の意見を変えられないのか

ターリ・シャーロット 白揚社