エッセンシャル思考

Original Title :essentialism

スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「エッセンシャル思考」とは、本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するためのしくみのこと。これがあれば、「最少の時間で成果を最大にする」ことが可能だ。どれも大事、全部できる…。人を不要な物事の海に溺れさせる思い込みを克服し、エッセンシャル思考を身に付けるためにすべきことを、アップルやグーグルなどでアドバイザーを務める著者が説く。

要約

「エッセンシャル思考」とは何か

 エッセンシャル思考とは、「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方である。

 多くの瑣末な物事の中から、少数の本質的なことだけを選びとる。自分の力を最大限の成果につなげるため、やるべきことを正確に選び、それをスムーズにやり遂げるための効果的なしくみだ。

 エッセンシャル思考になるためには、次の3つの思い込みを克服しなければならない。

 「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」 ―― この3つのセリフにうっかり耳を傾けようものなら、不要な物事の海に溺れてしまう。

 エッセンシャル思考を身につけるためには、これら3つの嘘を捨て、まず、基礎となる3つの考え方を理解する必要がある。

①選択:選ぶ力を取り戻す

 私たちは、時間とエネルギーの使い道を選べる。

 エッセンシャル思考の最初の一歩は、「選ぶ」ことだ。自分自身の選択を取り戻した時、初めてエッセンシャル思考は可能になる。

②ノイズ:大多数のものは無価値である

 「80対20の法則」という法則がある。成果の80%は20%の努力に起因するという説だ。

 この「重要な少数」が「瑣末な多数」に勝るという考え方は、広く世の中全般に応用できる。

 多数の良いチャンスは、少数のものすごく良いチャンスに遠く及ばない。そのことを理解し、数限りないチャンスの中から「これだけは」というものを見つけなくてはならない。

③トレードオフ:何かを選ぶことは、何かを捨てること

 高い給料か、長い休暇か。急ぎのメールに返信するか、大事な会議に出席するか。どちらにもイエスと言いたくなる。しかし、それは不可能だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

柴田和子 終わりなきセールス

柴田和子 東洋経済新報社