さあ、才能に目覚めよう 新版

Original Title :StrengthsFinder 2.0

スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

累計50万部を突破した、ベストセラーの新版である。人々が持つ「34の資質」を明らかにした前作の内容に加え、最新の知見と各資質の活かし方を新たに解説。才能を「強み」に変え、成功を手にする方策が具体的に示される。資質を測定する進化版ウェブテスト、〈ストレングス・ファインダー2.0〉のアクセスコードも付す。

要約

まず、あなたの強みを見つけよう

 「努力すれば、何にでもなりたいものになれる」

 私は若い頃、この格言 ―― アメリカの神話を信じていた。次のマイケル・ジョーダンになろうと毎日3、4時間、バスケットのゴールに向かってシュート練習を繰り返した。だが、5年以上努力を続けても、二軍選手にさえなれなかった。

才能を伸ばすことにエネルギーを注ぐ

 人は、何にでもなりたいものになれるわけではない。しかし、どんな人でも、生まれ持った才能に専念した時、成功する可能性は大いにある。説得力ある事例を紹介しよう。

 ヘクターはすばらしい靴職人として知られていた。だが彼は、自分の商売が小規模であることに不満を持っていた。1週間に何百もの靴をつくれるのに、実際につくっているのは約30足だった。

 友人が理由を尋ねたところ、彼は「靴をつくるのは得意だが売るのが苦手で、特に集金が不得意だ」と説明した。ヘクターは、自分の不得意なことにほとんどの時間を割いていたのだ。

 そこで友人は、セールスとマーケティングの才能を持つセルジオをヘクターに紹介した。それぞれの強みを合わせて、2人は一緒に働くことにした。1年後、強みに基づいたこのコンビは、週に100足以上の靴を生産、販売、集金していた。

 多くの場合、自分に適した仕事につけば、物事はこのように簡単に運ぶのだ。才能を伸ばすことにエネルギーの多くを注ぐことができれば、私たちは飛躍的な成長を遂げられる。

あなたは「強みのゾーン」にいるか

 自分の「強み」を伸ばす機会を持つのは、成功するために重要なことである。だが、私たちが調査したすべての職種で、大多数の人が「最も得意とすることに専念する機会がない」と答えている。

 職場で自分の強みを発揮できないと、「仕事へ行くのが不安」「前向きに考えられない」といった状態に陥る可能性がある。反対に、強みを活かしている人は自信と希望にあふれ、他人を思いやる余裕も生まれることが調査から明らかになった。

 であれば、なぜ多くの人が「強みのアプローチ」を使って生活しないのか。最も大きな問題は、ほとんどの人が自分の強みを知らないか、知っていても説明できないことだ。

才能を明らかにする

 1960年代半ば、強みの心理学の父であるドン・クリフトンは、人の悪いところを表現する「言葉」は数えきれないほどあることに気づいた。また、ビジネスの世界では多数のコンピテンシーモデル(高い業績を生み出している人が持つ特徴的な行動特性)が指摘されているが、その多くは「何がうまくいっていないか」を説明することに重点を置いている。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

SUPER MTG スーパー・ミーティング

スティーヴン・G・ロゲルバーグ サンマーク出版