2014年4月号掲載

柴田和子 終わりなきセールス

セールス・販売スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

30年連続生保セールス日本一。“伝説のセールスマン”、第一生命保険の柴田和子氏が、75歳で定年を迎えたのを機に著された1冊。セールスのあり方、人脈づくり、人の育て方など、長年の経験で得たものを伝える。「セールスで大切なのは熱い思い、信念です」。序章のこの言葉通り、単なるテクニックではない、人間力に根差した「最強の成功哲学」が披露される。

要約

セールスマンの経験から得たもの

 2013年8月6日付で、私は第一生命保険の営業調査役を退き、名誉調査役になった。

 75歳が定年ということで、セールスの第一線を退いたわけだが、私はまだ働き続ける。最近では営業よりも講演などの仕事を中心にしている。

 セールスで大切なのは熱い思い、信念である。セールスは話法さえ身に付ければいいという簡単なものではない。人間力が大きく物を言う仕事だ。現場では、血へどを吐く思いをして働いてきた。

 その経験から得たものを、少しでもお伝えできればと思う。

61歳で辞めるつもりだったが

 50代の頃は順調に成績を伸ばしていたが、実を言えば、61歳で仕事を辞めるつもりでいた。

 だが、実際に60歳を迎える頃には、「辞めるわけにはいかないな」と考えが変わっていた。1つには、後継者の問題があったからである。

 53歳の頃、ある企業の部長にこう言われた。

 「60歳で辞めるということはあと7年ということだ。これじゃあ、もう大きな契約や長期の契約は、君のところとは結べないな」

 つまり、先のことについて無責任だということだった。確かにその通りで、私の契約を引き継いでメンテナンスしてくれる後継者が必要だった。

 幸いなことにその後、2人の娘が第一生命に入社して、後継者づくりの第一歩を踏み出せた。しかし、後継候補が入社して気づいたのは、彼女らを育てねばならないということだった。

 娘たちを育てるには、私が先頭に立って手本を示す必要がある。また、契約してくださったお客様は2万人を超えており、引き継ぎには時間が必要だった。だから、60歳になる頃には「これは、もう辞められないな」と思った。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍

伊丹敬之 東洋経済新報社