2002年11月号掲載

プロカウンセラーの聞く技術

コミュニケーション・心理学スキル・能力開発

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人の話をよく聞くことは大切だが、これが難しい。聞き手のはずが、いつの間にか説教していたりする。「聞き上手」になるにはどうすればよいか、“話を聞くプロ”であるカウンセラーがそのコツを明かす。「自分からは絶対話さない」「相手を肯定しながら聞く」「相手の怒りや愚痴を自分の中にため込まない」など、ビジネスにも役立つ秘訣が満載されている。

要約

プロの「聞く技術」とは?

 ほとんどの人は、聞くことよりも話す方が好きだ。「いや、私は話すのはどうも…」と言う人もいるが、そのような人でも、大部分は「大勢の前で話すのが苦手」なだけである。

 「2人きりでも話すのは苦手」と言う人もいるかもしれないが、そういう人は、話す相手といい意味でも悪い意味でも緊張関係にあり、自分が話さないといけないと構えるから話しにくいだけだ。

 どんなに話すのが苦手という人でも、リラックスして話ができ、聞き上手の人が相手だと、立て板に水のごとくしゃべれるものである。

 一方、聞くことは多くの人が苦手である。それはなぜなのか?

 人の話を聞くのは、ラジオ番組などを聞くのと違って、相手の気持ちを理解しなければならないという「負担」が、聞き手にかかるからだ。

 従って、「聞き上手」になるには、相手の気持ちを負担に感じないようにならなければならない。具体的には、次のような「聞く技術」を身につける必要がある。

聞き上手は話さない

 聞き上手になりたければ、まず自分からは話さないことである。相手の前でゆったり構えていれば、まず間違いなく、相手の方から口を開く。あなたは素直にそれを聞くだけでよい。そうすると会話のパターンは、相手が話し、こちらが聞くという相手主導のものになる。

 相づちを打つ以外はしゃべらず、意見を聞かれた時は手短に答える。答えがすぐに出てこない時は、「そうですね」と言って考えていればいい。しばらくすると、相手の方が何か言ってくるはずだ。

相づちを打つ

 その際、重要なのが「相づち」である。相づちを挟みつつ聞くと、相手はぐっと話しやすくなる。

 ただその相づちも、ワンパターンでは駄目だ。種類が豊富でないといけない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)