ロスチャイルド家は300年にわたって続く欧州のユダヤ財閥です。その家はフランクフルトのユダヤ人で、金融・両替商だったマイヤー・アムシェル・ロートシルトに始まります。(中略)
 マイヤーは5人の息子を1カ所には集めず、フランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリに独立採算の支店を持たせました。ヨーロッパ全土に商売を分散させたのです。

解説

 ユダヤ人国際弁護士の石角完爾氏は、このロスチャイルド家の話と対比して、毛利家の「3本の矢」の説話を紹介する。
 戦国大名の毛利元就がある日、3人の息子を呼んだ。まず1本ずつの矢を折らせたところ、簡単に折れた。次に、3本を束ねて折らせようとしたが折れない。そこで元就は、「3本まとめれば折れない。だから、兄弟力を合わせよ」と諭した。
 これは、ロスチャイルド家とは逆の発想である。
 ユダヤ人は、「3本まとめても、折れてしまうような大事件が起こった場合にどうするか」と考える。つまり、常にリスク分散を考えるのだ。
 日本では、不運や困難に直面するかもしれない時、「山より大きな猪は出ない」と自分に言って聞かせ、気持ちを落ち着かせようとする。
 しかし、実際に山ほどでなくても、とてつもなく大きな猪が出てくれば混乱してしまうだろう。
 ユダヤ人ならば、不安にかられるだけでも損だと考え、「猪は必ず飛び出してくる」と事前予想を立てる。かつ、猪の大きさを大・中・小に分け、大の猪が出てくればさっさと撤退することを事前に決めておく。

お金とユダヤ人 富を引き寄せる5000年の秘密

お金とユダヤ人 富を引き寄せる5000年の秘密

著者 石角完爾
出版社 ソフトバンククリエイティブ
発行日 2010年3月31日
icon link 要約はこちら
icon link 詳細を見る

新刊ビジネス書の
要約を紹介する月刊誌
『TOPPOINT』
本誌を
サンプルとして無料
お送りいたします。

  • book01

    熟読

    毎月大量に発行される新刊ビジネス書や、文化、教養に関する新刊書などを、100冊前後吟味します。

  • book02

    厳選

    熟読した本の中から特に「切り口や内容が新鮮なもの」「新たな智恵やヒントが豊富なもの」10冊を厳選します。

  • book03

    要約

    読者の方が、本を購入される際の「判断基準」となるよう、原著の内容を正確に、わかりやすく要約します。

購読者の約7割が、経営者および
マネジメント層の方々。
購読者数は1万人以上!
その大半の方が、6年以上ご愛読。

まずは、無料で資料請求