成功する人は偶然を味方にする

Original Title :Success and Luck:Good Fortune and the Myth of Meritocracy

人生論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

努力と才能が成功をもたらす。多くの人は、こう思っているのでは? だが、それは幻想だ。才能があり、努力をしても、成功するのはごく一握りの人。明暗を分けるのは「運」や「偶然」だという。この運や偶然の重要性について、経営者の所得から、名画「モナ・リザ」、音楽のヒット曲まで、様々な事例を交え、わかりやすく説く。

要約

なぜささいな偶然が重要なのか

 私が“運”に関心をもつようになったのは、偶然の出来事が私の人生に大きな影響を与えているからだ。

 2007年11月のある朝。友人とテニスをしていた私は、気分が悪くなり倒れた。私は息をしておらず、友人は「救急車を!」と叫び、心臓マッサージを始めた。その後すぐに、救急車が到着した。

 なぜそんなに早かったのか?

 偶然にも、少し前に近くで2件の自動車事故が起こり、2台の救急車が出動した。そのうち1件の事故では重傷者がいなかったため、そこから私のもとに来ることができたのだ。

 後に医師から聞いたところ、急性心不全だった。患者の98%は亡くなるというから、私が今生きているのはただの偶然だと思う。

 何年か前、新聞の連載コラムに、「ささいな偶然のような出来事が人生を大きく左右することは、想像以上に多い」と書いた。すると、読者から激しい批判が寄せられた。大半は、成功は才能と努力のみの結果だと主張する人たちからだった。

 もちろん、才能と努力は重要だ。だが、社会の競争は熾烈で、才能と努力だけでは勝てない。ほとんどの場合、運の強さは必須である。

なぜ「モナ・リザ」は世界一の名画なのか

 物事が起こった後、それが予測可能だったと考える傾向を、心理学で「後知恵バイアス」と呼ぶ。

 社会学者のダンカン・ワッツは、めったにない成功が起こった時はこれが強く働くと主張した。そして、成功が必然であるかのように説明するのは、ほとんどのケースで簡単にできるという。

 だが、現実にはすべての出来事は、小さな出来事が複雑に絡み合った結果だ。前の出来事が少しでも変われば、すべてが全く違うものになる。

 ワッツは、世界一有名な絵画「モナ・リザ」を例にこれを説明している。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

50代から心を整える技術

下園壮太 朝日新聞出版(朝日新書)

ハーバードの人生を変える授業

タル・ベン・シャハー 大和書房(だいわ文庫)

FACTFULNESS

ハンス・ロスリング 日経BP社