2016年12月号掲載

ユダヤ式エッセンシャル学習法 一流の知性をつくる最強のサバイバル戦略

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「学びの民」。こう称されるユダヤ人は、独特の“学びの習慣”により高い知的生産性を有する。現に、Googleなど世界的企業の創立者の半分以上、ノーベル賞受賞者の3割をユダヤ人が占める。成功をもたらす、物事の本質をつかむための学び。彼らが続けてきた、独創性あふれる学習法を、ユダヤ教に改宗した国際弁護士が説く。

要約

ユダヤ式 本質をつかむ学びの原則

 Googleの創立者ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン、facebookのマーク・ザッカーバーグなど、世界の名だたる大企業の創立者の半分以上を、またノーベル賞受賞者の3割を占めるほどの高い知的生産性を有するユダヤ人。

 彼らにとって、学ぶことは生活そのものだ。学びは幼い頃から始まり、死ぬまで途切れない。ユダヤ人が「学びの民」と呼ばれるゆえんである。

 彼らは、聖書など普遍的な古典に向き合い、物事の本質を学ぼうとする。本質を理解していれば、情報過多の時代でも表面的な事柄に惑わされない。また、世の中を変えるイノベーションも、本質を理解していることから生まれるのではないか。

 本書では、本質にたどり着くための手段として、ユダヤ式の学びの手法を紹介する。

 ユダヤ人はどんな視点をもって、何をどのように学んでいるのか。まず、ユダヤ式の「学びの原則」から見ていこう。これは、次の3つから成る。

原則1:「なぜ?」の視点

 何事も批判的に考え、「それはなぜか?」と問いかけることが既存の知識への挑戦であり、学びのスタートである。

 ユダヤ教では神を無条件に信じてはいけない。ユダヤ教徒には「信じる」ことではなく、正しいかどうかを「問い続ける」ことが求められる。

 例えば、ユダヤ教では週の7日目は安息日とされ、いかなる労働も行ってはならないという戒律があるが、「それはなぜか?」と意見を戦わせている。つまり、当然守るべき戒律でも、盲目的に従うのではなく、「なぜか?」を問うことで、戒律を遵守することの意味を考え、理解を深め、自分の意志でそれらの決まり事に従っているのだ。

 問い続けることこそが、ユダヤ人の文化であり、ユダヤ人の生き方そのものといえるだろう。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ラ・ロシュフコー箴言集

ラ・ロシュフコー 岩波書店(岩波文庫)

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)