組織サバイバルの教科書 韓非子

組織・人事文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

中国の春秋戦国時代の書、『韓非子』。全編を性悪説の哲学が貫き、きれいごとだけではない、卓越した権力論が説かれる。それゆえ「経営者が愛読しているにもかかわらず、それがほとんど口外されない名著」と評される。本書では、同時代の孔子の『論語』と対比しつつ、現代にも通じる『韓非子』の人間観、組織観を解説する。

要約

『論語』と『韓非子』

 古今東西を問わず、ほとんどの人は何らかの組織に属しながら、生計を立てたり、生き甲斐を見つけてきた。このため、「うまく機能する組織とは、どのようなものか」「組織で活躍できるのは、どのような人なのか」という問題が、どの地域、どの時代でもクローズアップされてきた。

 中国の古代に、この難問に対して正反対の立場から解答を出そうとした2つの書籍がある。それは『論語』と『韓非子』だ。

 この両者、考え方が対極に分かれる。

 例えば、「人のあり方」については、次の通り。

 【論語】 ―― 人間、志が重要だ

 どんな大軍でも、その大将を虜にすることができる。しかし、いかにつまらない人間でも、その志を奪うことはできない。

 【韓非子】 ―― しょせん人間は利益に目がくらむ

 うなぎは蛇に似ているし、蚕はいも虫にそっくりだ。人は蛇を見れば飛び上がって驚き、いも虫を見ればぞっとして毛を逆立たせる。それなのに、漁師はうなぎを素手でつかみ、女性は蚕を平気でつまみあげる。利のあるところでは、みなとんでもない勇者となる。

 また、「政治において重視するもの」はこうだ。

 【論語】 ―― 上下の信用

 人間はしょせん死を免れない。それにひきかえ、国民の信頼が失われたのでは、政治そのものが成り立たなくなる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

白人ナショナリズム

渡辺 靖 中央公論新社(中公新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)