2023年3月号掲載

韓非子 全現代語訳

韓非子 全現代語訳 ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

概要

法律や権力による強い統制でもって国を治めよ ―― 。支配者たるべき者の統治思想を、現実主義的な観点から説く『韓非子』。春秋戦国以後、2000年以上読み継がれてきたこの中国古典を、平易な現代語訳で紹介する。人間の本質を鋭く抉るその思想は今なお古びず、精彩を放つ。マキャベリの書と並び称される“不滅の君主論”だ。

要約

人間の本質に迫る『韓非子』

 

愛臣

支配者が永く権力を保つためには、臣下に権力を与えてはならない。愛臣とは、寵愛する臣の意味。

 寵愛する臣があまりに親しみ狎れすぎると、必ず君の身を危うくする。

 大臣があまりに貴くなりすぎると、必ず君主の位にとって代わろうとする。妾の主だった者が、正夫人と尊卑の差がないほどになれば、必ず嫡子の身を危うくする。君主の兄弟が君に服従しないと、必ず社稷を危うくする。

 されば諸侯が広大なのは、天子にとって害となる。群臣が過度に富むことは、君主の敗亡の因である。将軍宰相が君主をまどわし、わが家を盛んにするもの、これこそ人の上に立つ君が疏外すべきものである。

 万物のうち、わが身ほど大切なものはなく、わが位ほど尊いものはなく、君主の威光ほど重いものはなく、君主の権力ほど高いものはない。この4つのよきものは、外に求めたり、人に乞うたりせずとも、振り返って見れば、すでにわが身に具わるものであった。

 で、私はこう警告する、君主がその富を活用できない時は、追い出されて異郷で死ぬはめに陥る、と。これこそ、人の上に立つ者の記憶すべきことである。

 

二柄

二柄とは、賞と罰の2つのハンドルのこと。これが君主の最も有力な武器である。

 賢明な君主が、それによってその臣を制御するところのものは、2つの柄にほかならない。2つの柄とは刑と徳である。

 何を刑といい、何を徳というか、というに、殺戮を刑といい、褒賞を徳という。人の臣たる者は、刑罰を畏れて褒賞を利とする。ゆえに君主が自ら刑と徳を用いれば、群臣は刑罰の威を畏れ、褒賞の利に就くであろう。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

ラ・ロシュフコー箴言集

ラ・ロシュフコー 岩波書店(岩波文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社

世界から戦争がなくならない本当の理由

池上 彰 祥伝社(祥伝社新書)