2015年3月号掲載

GO WILD 野生の体を取り戻せ!

Original Title :GO WILD

自己啓発健康・メンタルヘルス・医療
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

本書は、我々のライフスタイルを、「野生化」しようと説く。生活は豊かだが、肥満やうつ病、がんなどで苦しむ現代人。進化のルールに照らせば、今のライフスタイルは健康や幸福につながらない。本来、人は野性的に暮らすように設計されているとし、科学的な観点から、食事、運動、思考等の「再野生化」を提案。人間の体について、新しい見方ができる1冊だ。

要約

現代人を苦しめるもの

 「Go Wild(ワイルドに行こう)」

 このタイトルを見て、はめを外す大学生を連想する方がいるかもしれない。だが、本書における「ワイルド」は本来の意味で用いている。

 すなわち、野生だ。1万年前まで遡れば、人は野生人だった。文明は様々な恩恵をもたらしたが、本書では野生(野性)の重要性を見直したい。

 人類は自然な環境の下で進化し、今日の人間になった。そして私たちは、その同じ遺伝子を受け継いでいる。つまり、本来、私たちは野性的に暮らすように設計されていて、飼い馴らされたような生活は病気や不幸をもたらすのだ。

 その本来の設計について、驚くべき真実を紹介したい。何より理解いただきたいのは食事、運動、睡眠、思考、そして生き方は全てつながっているということ。全てが、健康と幸福に関わっている。

病気とは「文明がもたらす苦しみ」

 そもそも、何が私たちを病気にするのか?

 それを解明するため、ワシントン大学の保健指標・評価研究所が、世界187カ国で291の病気の実態を調べ、2012年に結果を発表した。以下は、その論文が挙げた世界の主要な健康問題だ。

 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)、下気道感染症、脳卒中、下痢、HIV、腰痛、マラリア、慢性閉塞性肺疾患、早産、交通事故による傷害、大うつ病性障害、新生児脳炎。

 そして、これらの問題の原因として、危険度の高い次の「12のリスク因子」を挙げている。

 高血圧、喫煙、アルコール、家庭の空気汚染、果物をあまり食べない、肥満、高血糖、低体重、大気汚染、運動不足、塩分の摂りすぎ、ナッツ類をあまり食べない。

 この調査で驚かされるのは、リスク因子のリストで、これは一般的な病気の概念を覆すものだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)