2021年4月号掲載

マインドセット

Original Title :MINDSET

コミュニケーション・心理学自己啓発健康・メンタルヘルス・医療
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人の能力や資質は、努力によって伸ばせるのか。それとも、どうにも変えようのないものなのか。本書は、その人がどちらの説を信じるか、心の持ちようによって変わるという。つまり、可能性を発揮できるか否かは「マインドセット」次第 ―― 。心理学の世界的権威が心のあり方の大切さを科学的に説いた、世界的ベストセラー。

要約

マインドセットとは何か

 人間の信念というものは、その人がどんなことを望むか、そして、その望みが叶うかどうかに大きく影響する。信念は、人生を左右しているのだ。

 その信念は、人生のありとあらゆる部分に浸透している。自分の性格(パーソナリティ)だと思っているものの多くが、実はこの心のあり方 ―― 「マインドセット」の産物なのである。

なぜ人間は1人1人違うのか

 人間は太古の昔から、考え方も行動の仕方も、1人1人異なっている。当然、次のような疑問が湧く。なぜ、人には個人差があるのか。なぜ、頭の良さや徳性に違いがあるのか。

 専門家は、二派に分かれて議論を戦わせてきた。1つは、このような差違は避けがたく、変えようもないという主張である。そして、そのような違いの根拠として、遺伝子が挙げられた。

 もう1つは、そのような差違は生まれ育った環境や体験、教育に起因するという主張である。

 どちらの主張が正しいのか?

 そのいずれでもないというのが、今日の大多数の専門家の見解である。生まれか育ちか、遺伝子か環境かではなく、その両方が影響を及ぼしあいながら人は成長していくというのだ。

あなたのマインドセットはどちら?

 そうした学問上の論争は、専門家に任せておけばよい。だが、この2つの説を自分に当てはめるとどうなるか、ということだけはよく理解しておくべきだ。どちらの説を信じるかによって、その後の人生に大きな開きが出てくるからだ。

・硬直マインドセット:fixed mindset

 自分の能力は固定的(フィックスト)で変わらない、と信じる「硬直マインドセット」の人は、自分の能力を証明せずにはいられない。知能も、資質も、徳性も一定で変化しないのだとしたら、とりあえず、人間としてまともであることを示したいのだ。基本的な特性に欠陥があるなんて、自分でも思いたくないし、人からも思われたくない。

 教室でも、職場でも、自分の有能さを示すことばかりに心を奪われている人を、私はこれまでたくさん見てきた。彼らは、うまくできるだろうか、賢そうに見えるだろうか、認めてもらえるだろうか、といつもびくびくしている。

・しなやかマインドセット:growth mindset

 一方、「しなやかマインドセット」の人は、人間の資質は努力次第で伸ばすこと(グロース)ができるという信念を持っている。持って生まれた才能、適性、気質は1人1人異なるが、努力と経験を重ねれば、誰でも伸びていけるという信念だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)