2024年4月号掲載

影響力の武器 [新版] ――人を動かす七つの原理

Original Title :INFLUENCE, NEW AND EXPANDED. (2021年刊)

最新号掲載 影響力の武器 [新版] ――人を動かす七つの原理 ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「欲しくもないモノを買わされてしまった」「怪しい儲け話に乗せられてしまった」…。なぜ、こうなるのか? 人の心をくすぐり、誘導する原理、テクニックを明かす。本書は、心の動きに影響を及ぼす6つの原理を説いた名著の新版で、新たに1つの原理を追加したもの。人を動かすための7つの誘導戦略を、様々な事例を挙げ紹介する。

要約

「影響力の武器」とは?

 セールスマンや募金活動員、広告マン…。こうした“説得上手な人たち”は、相手に“イエス”と言わせるために多くの戦術を使う。

 そのテクニックは7つに分類でき、いずれも心理学の原理を活用したものだ。本書ではそれを、「影響力の武器」と呼ぶ。

①返報性

 こんな実験がある。ある大学教授が、まったく知らない人たちにクリスマスカードを送った。すると、返事が山のように来た。カードを受け取ったほとんどの人は、その大学教授が何者なのか尋ねもせず、自動的に返事を出したのだ。

 この実験から浮かび上がってくる「影響力の武器」は、「返報性のルール」である。これは、「他人がこちらに何かしてくれたら、こちらもそのお返しをしなくてはならない」というルールである。このルールによって、我々は贈り物などを受けると、お返しをする義務を感じるのだ。

 しかし、このルールを守ろうとする過程で、私たちは一儲けを企む相手に騙されることがある。

 例えば、マーケティングのテクニックとして、無料試供品の配布がある。無料試供品の強みは、それが一種の贈り物でもあるため、返報性のルールを持ち込める点にある。

 家庭用品などの生産、訪問販売を行うアムウェイ社は、洗剤やシャンプーなどが入った専用ボックスを、短期間、顧客の家に置いていく。そして、試用期間が終わると販売員がやってきて、客が買いたいと思う製品の注文を取る。

 専用ボックスを置くことを承諾してそれを試用した人は、返報性のルールの罠に引っかかっている。そうした人の多くは、「試しに少し使ったのだから注文しないと悪い」と思ってしまうのだ。

 例えば、路上で少年が私に、サーカスのチケットを1枚5ドルで何枚か買ってほしいと言う。断ると、ならば1本1ドルでチョコバーを買ってくれと言う。そこでチョコバーを買ってしまう ―― 。

 この状況の背景にあるのは、「譲歩してくれた相手に対しては、こちらも譲歩を返す義務が生じる」と感じてしまうことだ。チケットにもチョコバーにも興味がないのに、少年が大きな要求から小さな要求へと譲歩したので、こちらも譲歩して二番目の要求を受け入れてしまうというわけだ。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

影響力の武器[第二版] なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ 誠信書房

影響力の武器実践編[第二版] 「イエス!」を引き出す60の秘訣

N・J・ゴールドスタイン 誠信書房

新版 営業の「聴く技術」

古淵元龍 ダイヤモンド社

契約は最初の訪問で決めなさい 見込み客にYESと言わせる最強のクロージング・テクニック集

ブライアン・トレーシー ダイヤモンド社