2023年2月号掲載

解像度を上げる 曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「解像度」は、物事への理解度や、思考の明晰さなどを示す言葉である。不確実な環境下でリスクに気づき、対応するには、高い解像度が欠かせない。課題を広く深く理解し、経時変化もおさえつつ、何が重要かを把握できる ―― 。そんな「解像度が高い」人になるための思考と行動のパターンを、具体的にわかりやすく解説する。

要約

解像度を上げる4つの視点

 「提案をつくってみたが、大事な何かが抜けている気がしていて、モヤモヤが晴れない」「言いたいことはわかるけれど、説得力が弱いように感じる」…。

 仕事をする中で、こんな経験をしたことはないだろうか。カメラのピントがあわず、世界がぼやけて見えるような感覚、とも表現できるだろうか。

 こうした思考の状態のことを「解像度が低い」という。逆に、明晰な思考ができている状態のことを「解像度が高い」と表現する。

解像度とは何か

 「解像度」という言葉は、印刷や画像などに用いられる言葉だが、昨今、ビジネスでも使われるようになった。「解像度が高い」「解像度が低い」「解像度が足りない」というふうに使われ、物事への理解度や、物事を表現する時の精細さ、思考の明晰さを示す言葉として用いられている。

 例えば、「コミュニケーション能力が高い人が欲しい」という漠然とした求人を出すよりも、「現場で顧客のニーズを直接聞きながら、システムの要件をまとめられる人が欲しい」とする方が、より最適な人材からの応募が期待できる。

 「欲しい人材」や「コミュニケーション能力」を要素分解して、何が重要かを提示できるのは、必要とする人材像や、なぜその人材が必要なのかという課題の解像度が高いからだ。

解像度が高い人が持っている4つの視点

 解像度の高さは、4つの視点で構成されている。

①「深さ」の視点

原因や要因、方法を細かく具体的に掘り下げる

 深さがなければ、課題を考える時も、何が根本的な問題であるかがわからない。

②広さの視点

考慮する原因や要因、アプローチの多様性を確保する

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部