2023年1月号掲載

リデザイン・ワーク 新しい働き方

Original Title :Redesigning Work:How to Transform Your Organization and Make Hybrid Work for Everyone (2022年刊)

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

今、私たちは岐路に立っている。「昔の働き方」に戻るのか、それとも、仕事のあり方を根本的に「リデザイン(再設計)」するのか ―― 。コロナ禍を機に、働き方が大きく変わる中、自社を“未来に通用する企業”へ進化させる方法を説いた書だ。ベストセラー『LIFE SHIFT』の著者が、その具体的なプロセスを解説する。

要約

リデザイン「4段階のプロセス」

 今、グローバルな規模で、私たちの働き方が大きく変わりつつある。自動化の進展にともない、様々な産業の様相と雇用のあり方が変わりはじめている。長寿化により、70代まで働くことが当たり前になる可能性も出てきた。

 ところが、多くの企業は、新しい状況に対応できていなかった。そこへ訪れたのが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックだ。コロナ禍は、いくつもの根本的な前提を問い直し、仕事のやり方を見直す機会をもたらした。

 未来に向けた青写真をどのように描くかは、それぞれの会社によって異なる。そうした自社の独自性を確立するためには、次の「4段階のプロセス」が有効だ。

 

①自社の重要な要素について理解する

 働き方を再設計する際は、自社で成果に寄与している要素が何か、社内の人的ネットワークがどんな知識の流れを生み出しているか、社員が何を望み、どんな要素によって会社へのエンゲージメントを高めるのかを把握することが重要になる。

 具体的には、自社の状況に関して4つのテーマを検討する必要がある。

    • ・生産性を支える行動と能力
    • ・知識の流れと人的ネットワークの仕組み
    • ・社員が仕事と会社に期待すること
    • ・現場で何が起きているのか

生産性を支える行動と能力

 例えば、1番目の「生産性を支える行動と能力」について。

 新しい働き方への転換が有効かどうかを判断するための重要な基準の1つは、生産性が高まるかどうかだ。この点で有効な働き方を設計するためには、自社の生産性を支える社員の行動や能力を引き出すうえで最善の方法を知る必要がある。

 社内の様々な職種について知るための1つの方法は、ある程度大ざっぱなカテゴリーごとに考えることだ。そうした職種のカテゴリーは「職群(ジョブファミリー)」と呼ばれる。同じ職群には、コールセンター関連の職、顧客と接する職、マネジメントの職といった具合に、何らかの共通点をもつ職種が分類される。

 まず、自社にどんな職群があるかを把握する。その中から3つの職群を選び、それらの相違点と共通点を考えてみる。そして、それぞれの職群から1つの職種を選び、さらに掘り下げて検討する。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)