2022年12月号掲載

最強リーダーの「話す力」

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人々の気持ちをつかみ、影響力を行使できるリーダーになるには、「話す力」が不可欠。そう語る元NHKキャスターが、話す力の磨き方を説く。「注目を集める」「高揚感を高める」「信頼感を与える」など押さえるべき5つの要素を、例を挙げて平易に解説。世に溢れる一般的な「話し方」本とは一線を画す、リーダー向けの教科書だ。

要約

話し方は「これだけ」やればいい

 リーダーにとって、「言葉」は最大の武器だ。リーダーに「話す力」があれば、自分を支持する人を増やし、意図する方向に集団を率いることができる。この話す力を習得するためには、次の5つの要素を押さえる必要がある。

 

(1)注目を集める

 1つ目の要素は、「注目を集める」。

 心理学者のシュナイダーらは、人が相手を判断する「対人認知」の過程を6段階に分け、その最初の段階を「注目」と呼んだ。つまり、あなたが相手の前に現れた瞬間に、相手を注目させられるかどうかが分かれ道ということだ。勝負は、話し始める前についているのだ。

 では、どうすれば相手の注目を集められるか?

登場を制する

 聞き手の前に登場する際、大事なことの1つが「足音」である。なぜなら、声よりも先に相手の耳に届く音だからだ。第一印象は「声」ではなく、足音でつくられるのである。カツカツと靴音を高く響かせながら登場すると、力強く自信がある印象を聞き手に与える。歩幅は最低でも肩幅以上。そして一定のテンポで歩く。すると、音だけでなくリズムも加わった表現になる。

まばたきせずに名乗る

 登場で聞き手の注目を集めたあなたが次にすることは、「名乗り」。「こんにちは。ただ今ご紹介にあずかりました○○(名前)です」などと自分の名前を言って挨拶する場面はよくあるだろう。

 この名乗りの間、決してまばたきをせず、相手をじっと見つめながら自分の名前を言おう。

レトリカル・クエスチョンを投げかける

 話の途中で相手の注目を集める方法の1つに、「レトリカル・クエスチョン(答えを求めない問い)」というものがある。日本語では「修辞疑問」と訳される。疑問形にすることで伝えたい部分を強調し、聴衆を巻き込む効果がある。

 レトリカル・クエスチョンの名手が、「ビッグボス」こと、日本ハムファイターズの新庄剛志監督だ。例えば、監督就任後の札幌ドームでの発言。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く 深く考える七つの技法

田坂広志 講談社(講談社現代新書)