2022年2月号掲載

成しとげる力

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

日本電産を創業、世界一の総合モーターメーカーに育て上げた永守重信氏が、23年振りに書き下ろした書。「一番をめざせ」「苦労に飛び込め」「人の心の機微をつかめ」等々、半世紀におよぶ経営者人生から導き出した哲学が語られる。そのメッセージは一見シンプルだが、比類なき実績に裏付けられ、説得力に溢れている。

要約

一番をめざせ! 力はあとからついてくる

 私は子どもの頃から、「一番になること」しか考えていなかった。野球をする時も、ピッチャー兼四番バッターでなければ気がすまなかった。

 1973年7月に日本電産を創業した時、私はたった3人の従業員を前に、1時間40分にもわたって訓示を垂れた。「めざしているのは零細企業や中小・中堅企業ではなく、兆円企業である」こと、「精密小型モータの分野で世界のトップになる」ことを明言した。

 そして、明言した通りに夢をかなえてきた ―― 。

母から学んだ勝つことへの気概と執念

 一番をめざすという強い心を私に植えつけてくれたのは、母であった。子どもの時、友達との喧嘩に負けて泣きながら家に帰ると、母親は「なんで負けたんだ」と叱る。挙げ句の果てに「もう1回、喧嘩してきなさい」と尻を叩かれた。

 母親はなぜ勝ちにこだわったのか。いまになって振り返ると腑に落ちる。子どもはやがて社会に出て、幾多の困難に出合う。その時に尻込みして逃げてはならない。困難に立ち向かい、勝ち抜くまであきらめるな ―― 。そう教えたかったのだ。

 私が会社を興す時、一番反対したのも母だった。兄たちが銀行融資の連帯保証人になったので、もし事業が失敗したら一族が破滅してしまうというのだ。しかし、社長になるのは小学生の頃からの夢だった。そんな熱い思いを訴えると、母親もついに折れた。その時、母親と約束を交わした。

 「どうしてもやるというのなら、人の倍働くと約束してくれるか。私は人の倍働いてきたから自作農になれた。人の2倍働いて成功しないことはない。倍働きなさい」

 創業以来、私は母のこの教えを守ってきた。

いまは「一番」が“一人勝ち”する時代

 私は、一番をめざすという姿勢を崩さずにきた。製品の品質と精度はもとより、シェアも1位をめざして努力を重ねる。「二番でもいい」などと考えていたら、あっというまに三番以下になる。現代社会は、まさに「一番以外はビリ」なのだ。

真似だけでは人を超えることはできない

 一番をめざすための第一歩は、その分野のトップランナーを研究し、真似ることである。しかし、真似るだけでは「同等以下」にしかなれない。そこに独自の強みを注入することが必要になる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP