2021年10月号掲載

デタラメ

Original Title :Calling Bullshit:The Art of Skepticism in a Data-Driven World

社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

今の世の中は、デタラメだらけだ! 事実ではない情報が、あちこちにはびこっている。中には、数字や統計などで箔づけされ、一見、本当らしいものも。そして、今日のネット社会ではデタラメは一気に拡散し、訂正するのは至難の業だ。そんな厄介な情報に、どう対処すればいいのか。デタラメの特徴を示し、見抜き方を伝授する。

要約

世の中はデタラメだらけ

 世の中には、事実ではない情報がたくさん出回っている。下手すれば、私たちはデタラメの海で溺れてしまう。政治家は事実など、どこ吹く風だ。科学はプレスリリースだけが一人歩きする。

 デタラメの蔓延は今という時代の特徴であると、哲学者ハリー・フランクファートは指摘した。

 「私たちの文化の最大の特徴は、デタラメの多さである。誰もがうなずくはずだ。そして私たちは一人残らず、デタラメに加担している」

デタラメをばら撒くのは簡単だが、回収は困難

 例えば、「ワクチンが自閉症の原因になる」という、たちの悪いデマがある。その出所は、1998年に英国人医師アンドリュー・ウェイクフィールドらが『ランセット』誌に発表した研究報告だ。

 科学史上これほど徹底的に信憑性が問われ、否定された例も珍しい。膨大な費用と時間が費やされ、その信憑性は完全に否定された。20年越しの調査でも、原因になるという証拠は出てきていない。逆に、それを否定する証拠は山ほどある。にもかかわらず、デマはしつこくはびこっている。

 デタラメをばら撒くのは簡単だが、その回収は並大抵の苦労ではない。

ツイッターから押し寄せてくるデタラメ

 実際、デタラメをひねりだすのも、それを一気に広めるのもたやすい。

 例えば、2013年のボストンマラソンを襲った爆弾テロ。爆破の直後、ある情報がツイッターで拡散した。8歳の少女が命を落とし、その少女は数カ月前に銃乱射事件が起きたサンディーフック小学校の生徒だったという内容だ。彼女は小学校の事件で亡くなったクラスメートを偲んでマラソンに参加したという。

 だが、怪しいと感じた人もいた。ボストンマラソンは子どもの参加が認められていない。噂を追跡するウェブサイトSnopes.comは、少女の死はデマだと暴いた。実際、少女は死んでおらず、ボストンマラソンに参加すらしていなかった。

 噂の誤りを正そうと、ツイッターで2000を超える発信があった。だが、誤った情報はすでに9万人以上にシェアされ、大手の報道機関も少女の死を伝えていた。噂の拡散は止まらなかった。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)