2019年6月号掲載

データ・ドリブン・エコノミー

企業戦略・戦略論IT・インターネット社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「データ・ドリブン・エコノミー」とは、リアルな世界から集めたデータが新たな価値を生み、企業・産業・社会を変革していく一連の経済活動のこと。今後の進展が予想される、このデータ駆動型経済によって、ビジネスはどう変わるのか? 企業や個人はどう対処すべきか? IoTの第一人者が、デジタル化の未来を見通す。

要約

データ・ドリブン・エコノミーの本質

 「データ・ドリブン・エコノミー(データ駆動型経済)」とは、リアルな世界から集めたデータが新たな価値を生み出し、あらゆる企業・産業・社会を変革していく一連の経済活動を指す。

 私たちは今、データが経済・社会の変革をもたらす新しい時代の幕開けに立ち会っている。

 インターネットが普及し始めてから現在までの約20年間にわたるデジタル革命は、ネット上の「ウェブデータ」が主役だった。閲覧履歴、購買履歴、SNSの個人関連データなどが価値をもたらし、これらのウェブデータをうまく集めた企業が競争優位に立つことができた。

 その代表格が、アメリカの大手IT企業である。グーグルやアマゾンなど、ウェブデータを握る企業がプラットフォーム(商品・サービスやコンテンツを集めた基盤)を構成し、そこにサードパーティが集まるエコシステム(様々な製品・サービスや企業・業界が連携することで競争力を生み出すビジネス生態系)を形成している。

主役はウェブデータからリアルデータへ

 しかし、これからはリアルな世界の「リアルデータ」が主役になる。

 私たちの周りにはデジタル化されていない膨大な物的資産と、経験と勘で行われてきた膨大なアナログプロセスがある。今、こうしたリアルな世界からデータを集める動きが活発になりつつある。

 これから始まる物的資産のデジタル化でも、データを多く集めてプラットフォームを構成した者が勝つ。しかも、これまでにグーグルなどが集めてきたウェブデータに比べて、これから集めるリアルデータの量は比較にならないほど膨大だ。

 リアルデータは製造業、農業、土木、都市などあらゆる産業セグメントにわたる。現時点で膨大な量のリアルデータを収集している企業はない。つまり、誰にでも勝利をつかむチャンスがあるのだ。

デジタル化で収益増をとげた欧米スポーツ業界

 具体例を見てみよう。例えば、アメリカのバスケットボール業界では、デジタル化投資が活発だ。

 アリーナの天井に4台のカメラを設置し、撮影した映像をもとに選手の動きをデジタル化している。ある選手は何ヤード離れたところからシュートを打ち、その成功率は何%かなど、すべてのプレーをデータ化し、分析する。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)