GREAT BOSS

Original Title :RADICAL CANDOR:Be a Kick-Ass Boss Without Losing Your Humanity

組織・人事リーダーシップ
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

いい上司になる上で欠かせないのは、部下といい人間関係を築くこと。そのためには、相手を心から気にかけながら、言いにくいことをズバリと言うことが大切だ。本書では、「徹底的なホンネ」を軸とする、力や権威に代わる、新たな上司術を紹介。アップルやグーグルで管理職を指導した著者が、自らの体験を交え、指南する。

要約

「徹底的なホンネ」の関係を築く

 起業家である私は、いくつかのハイテク企業でアドバイザーも務めている。仕事がら、会う人会う人に、いい上司、いい管理職、いいリーダーになるにはどうしたらいいか、とよく聞かれる。

 こうした質問の裏には、マネジメント能力への不安がある。専門能力には自信があっても、マネジメントに自信のない人は多い。部下の期待に沿えていないのではないかと、上司は恐れている。

 次によく受ける質問は、マネジメントの3つの責任に関わるものである。「メンバーの指導」「チームの構築」、そして「結果を出す」だ。

 この3つが、どんな上司にも求められる責任だ。マネジメントの立場にある人が、部下に正しく接しているかを気にかけ、上司としての3つの責任について質問するのは自然なことだ。

上司の力の源泉は権力ではなく人間関係

 私はよく質問をされると言ったが、一番重要な質問はあまり聞かない。「いい上司になる」ことの核心部分を訊ねる人はほとんどいないのだ。

 例外は、クアルトリクス社のライアン・スミスCEO。彼が最初に訊ねたのは、次の質問だった。

 「最近チームに数名のリーダーを雇った。彼らとの絆を早いうちに築くにはどうしたらいい? 私が彼らを信頼し、彼らも私を信頼できるような関係になりたいんだ」

 彼が口にした、マネジメントの最も難しい部分に目を向ける人はほとんどいない。それは、直属の部下1人1人と信頼関係を築くという点だ。上司としての3つの責任を果たせるかどうかは、部下との関係にかかっている。

 だが、部下といい関係を築こうとしても、ほとんどの人はどうしていいかわからず途方に暮れる。

 この点について助けになるのが、「徹底的なホンネ」の関係というコンセプトである。

「徹底的なホンネ」の関係とは何か?

 信頼関係を築くことは単純な作業ではない。だが、次の2つの姿勢を組み合わせれば可能になる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 同文舘出版