2022年2月号掲載

チームが自然に生まれ変わる ―― 「らしさ」を極めるリーダーシップ

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

チームメンバーの行動を変えるのに必要なのは、やる気やノルマではない。「認知」を変えれば、彼らは自ら動く。こう述べる2人の著者が、認知科学に基づく「内因的な原理によって人を動かす方法」を説く。働く人々の価値観が多様化する現代、部下のものの見方を変え、チームを進化させる原則を示したリーダーシップ論。

要約

内側から人を動かす

 「やる気がない」「責任感が足りない」「言われたことしかやらない」…。

 リーダーには部下に関する様々な悩みがある。これを解決しようとする時、「どうやってモチベーションを高めればいいか」という発想にとらわれ、最近の仕事ぶりを褒めたり、外的刺激を与えたりして、行動を変えようとしがちだ。だが今日、こうしたやり方はうまくいかなくなっている。

「人の心を動かすもの」が変わった!

 外因的な働きかけに基づくリーダーシップは、もはや「悪手」となりつつある。

 その理由の1つは、外部から働きかけて部下を動かそうとする手法は、今日では「ハラスメント」になるリスクを抱えていることだ。「組織人としての責任感」などに訴えかけるやり方は、たとえ本人のためを思ってであっても、部下にはネガティブな受け止め方をされる可能性が高い。

 また、「VUCA(ヴーカ)」といわれる環境の変化も要因として挙げられる。VUCAとは変動性、不確実性、複雑性、曖昧性を意味する英字の頭文字をつなげた造語で、今の時代環境を端的に表す言葉だ。

 かつて、多くの働き手は似たような価値観をもっていた。しかし、VUCAな世界では共通した価値観が失われ、個人の楽しさや成長、好奇心などに重きが置かれるようになる。給料が上がることを伝えても、もはや誰もがやる気になるわけではない。人を動かす価値観の中心が、「外的なもの」から「内的なもの」にシフトしているのだ。

 従って、リーダーは「内因的な原理によって人を動かす方法」を実践していかねばならない。

「内面から人を動かす」とはどういうことか

 内側から人を動かす際の原理は、2つある。

 2つ目は「エフィカシー」。これは効力とか効能を示す言葉だが、本書ではセルフ・エフィカシー(自己効力感)の意味合いに限定している。

 自己効力感とは「一定の行為・ゴールの達成能力に対する自己評価」であり、「自分はそれを達成できるという信念」である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス

LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業

ジム・クウィック 東洋経済新報社