2019年4月号掲載

それをお金で買いますか 市場主義の限界

Original Title :WHAT MONEY CAN'T BUY:The Moral Limits of Markets

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

インドの代理母による妊娠代行が6250ドル、米国へ移住する権利が50万ドル。今日、あらゆるものがお金で取引される。市場の論理では、問題ない。だが、何かおかしい ―― 。道徳的な問題をはらむ売買の例を通じ、お金で買うべきではないものについて考える。問いかけるのは、「ハーバード白熱教室」のマイケル・サンデル氏。

要約

市場と道徳

 世の中にはお金で買えないものがある。だが、最近ではあまり多くはない。今や、ほとんどあらゆるものが売りに出されている。例えば ――

  • ・刑務所の独房の格上げ(一晩82ドル)
  • ・インドの代理母による妊娠代行(6250ドル)
  • ・アメリカ合衆国へ移住する権利(50万ドル)

 我々は、ほぼあらゆるものが売買される時代に生きている。しかし、慎重に選択して、こうした状況に至ったのではない。そろそろ、こんな生き方がしたいのかどうかを問うべき時がきている。

市場勝利主義の時代

 2008年の金融危機に至るまでの数年間は、「市場勝利主義の時代」だった。この時代が始まったのは、1980年代初頭、ロナルド・レーガンとマーガレット・サッチャーが自らの信念を公にした時のことだ。「政府ではなく市場こそが、繁栄と自由のカギを握っている」と。

 しかし、今日、その信念は疑われている。

 市場勝利主義の核心にある道徳的欠陥は「強欲さ」で、それが金融危機を招いたという人がいる。

 だが、これは一面的な診断に過ぎない。この30年の間に起こった決定的な変化は、強欲の高まりではない。市場と市場価値が、「それらがなじまない生活領域へと拡大した」ことだ。

 例えば、営利を目的とする学校、病院、刑務所の急増。民間軍事会社への戦争のアウトソーシング。さらには、公園や公共の場の「命名権」の販売、発展途上国の代理母への妊娠の外注、企業や国家による環境汚染権の売買…。

 30年前は、健康、教育、公安、国家の安全保障、環境保護、生殖、その他の社会的善の分配に、市場を利用することはなかった。だが今日では、それが当然のことと考えられている。

すべてが売り物

 すべてが売り物となる社会に向かっていることを、心配するのはなぜか。理由は2つある。

 1つは、「不平等」に関わるものだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)