大中華圏

経済・経済学国際・世界情勢社会・政治文化・思想・歴史
  • 著者
  • 出版社
  • 発行日
    2012年12月25日
  • 定価
    1,600円+税
  • ページ数
    218ページ
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

中国と香港、台湾、シンガポール等の華僑・華人圏からなるのが、「大中華圏」である。著者によれば、近年、このネットワークは経済的な関係を深めている他、尖閣問題で見られた通り、政治的な意味も持ち始めたという。こうした大中華圏の現状を、本書は解説する。中国=中華人民共和国と見がちな我々に、中国の本質に迫る上で新たな視座を与えてくれる1冊だ。

要約

大中華圏の実体化

 日本人にとって、中国をどう認識するかということは常に重要なテーマである。

 しかし、ここでいう中国を「中華人民共和国」とだけ考え、この国のGDP(国内総生産)が日本を追い越して世界第2位になった、最近、軍事費が増えて巨大化しているらしい、といった視点だけで捉えていると、本質を逃してしまう。

 こんな疑問を覚えたことはないだろうか。かつて社会主義圏といわれた国々の中で、なぜ中国だけがコンスタントな成長軌道を歩んできたのか。

 その答えを考えていくと、そこに「大中華圏」、英語でいうグレーター・チャイナという考え方が見えてくる。中国は華僑・華人圏の香港、台湾、シンガポールの資本と技術を取り込みながら、それをエネルギー源にして成長しているのだ。

 私が、この大中華圏という問題設定をしたのは約10年前のこと。当時、私は大中華圏という概念をあくまでも仮想現実だと考えていた。

 だが、仮想現実だったはずの大中華圏が、この10年間で急速にリアリティを帯びてきた。

 この10年の間には、2008年に北京オリンピックがあり、2010年には上海万博があった。

 中国の指導者たちのスピーチの中にも、「中華民族」という言葉が頻繁に使われ始め、例えば、胡錦濤国家主席は北京オリンピックを「中華民族の歴史的成果である」と評価した。中国の新体制のリーダー、習近平国家主席も、就任演説で「中華民族の偉大な復興」という表現を使っていた。

 さらに12年の尖閣問題を巡る反日暴動の経緯や、その問題を世界にアピールし問題化しようとする中国の姿勢を見つめていると、大中華圏はもはや単なる経済の連携体でなく、明らかに「政治的な意味」さえ持ち始めていることに気づく。

 大中華圏という視界を持つことは、世界認識を深める契機になると思われる。

大中華圏の経済規模はすでに日本の3倍

 21世紀に入ってからの10年間で、大中華圏という仮説は加速度的に実体となってきた。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)