2019年3月号掲載

ハーバード・ビジネス・レビュー コミュニケーション論文ベスト10 コミュニケーションの教科書

Original Title :HBR's 10 MUST READS ON COMMUNICATION

コミュニケーション・心理学スキル・能力開発

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌に掲載された論文の中から、同誌編集部が「コミュニケーションについて知っておくべき最低限のこと」として10本を厳選。良好な対人関係を結ぶには、どうすればいいのか。話し方や説得術、スピーチの秘訣等々、効果的に意思を相手に伝えるためのヒントにあふれた、実践的な1冊だ。

要約

嘘偽りのないスピーチの秘訣

ニック・モーガン(パブリック・ワーズ設立者)

 営業担当副社長のキャロルは、新年度のスタートを切るに当たり、営業会議でスピーチを行った。スライドを見せ、期待の新製品について身振り手振りを交えつつ説明した。そして最後に、全体を見渡し、売上のストレッチゴールを達成すれば、年間優秀者として表彰されると発破をかけた。

 ところがこの瞬間、何かしっくりこないものを感じた。社員らはやる気に満ちあふれている、といった様子ではない。彼女は当惑した ―― 。

 あなたは彼女に似た経験をしたこと、またはこうしたスピーチを聞いたことはないだろうか。そう、話し手に問題はないが、何か違和感があるプレゼンテーションだ。違和感の理由はわからないが、とにかく嘘偽りのない話し手に思えないのだ。

 今日では、経営者による数々の不祥事の影響もあって、社員も株主もこれまで以上に懐疑的になっている。このため、「嘘偽りのない(オーセンティック)」ことは、リーダーシップにおける重要な資質になっている。

「非言語コミュニケーション」は言葉より雄弁

 マネジャーが公の場でメッセージを伝える場合、いかに信念を持って話しても、信頼できる話し手として受け入れられることは難しい。なぜか。

 その答えは、人間の脳がコミュニケーションを知覚・処理する仕組みにある。

 非言語コミュニケーションの力については、すでによく知られている。筆者はこれを「第2の会話」と呼んでいる。言葉によるメッセージとボディランゲージが一致しない時、聞き手は例外なく、非言語メッセージに反応する。つまり、言葉よりも、体の動きの方が雄弁なのだ。

 では、計算されたボディランゲージが嘘っぽく見えてしまうのはなぜか。

 実は、最近の脳の研究で、非言語コミュニケーション、すなわち第2の会話は、言葉に先行することがわかり始めている。何がしかの感情が脳の奥底で起こると、言葉が出てくる前に、まず第2の会話のスイッチが入るのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く 深く考える七つの技法

田坂広志 講談社(講談社現代新書)