生きている会社、死んでいる会社

マネジメント
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

経営において本質的に大事なこと。それは、会社が「生きている」ことだ。すなわち、「挑戦―実践―創造―代謝」という循環が回り続けねばならない。この絶え間ない循環を実現し、「生きている会社」をつくるための処方箋を、経営コンサルタントの遠藤功氏が示した。本書の説く“創造的新陳代謝”を実践すれば、会社は強くなる!

要約

創造的新陳代謝

 私は30年の長きにわたり、経営コンサルタントとして、大企業や中堅企業など100社を超える会社とそれなりに濃密なお付き合いをしてきた。この10年近くは、複数の会社の社外取締役、社外監査役として経営にも関与してきた。

 にもかかわらず、いまだに「経営とは何か」「会社とは何か」がわかったとは言い難い。逆に、知れば知るほど、わからなくなってくる。

 30年かかってわかったことは、1つだけ。それは、会社は「生きていなければならない」ということだ。

 では、「生きている会社」とは、どういう会社を指すのか。それは、次の言葉に集約される。

絶え間なく挑戦し、絶え間なく実践し、絶え間なく創造し、絶え間なく代謝する会社

 生きている会社とは、未来を切り拓こうとする明確な意志をもち、常に自己否定し、挑戦し続け、実践し続け、創造し続ける会社だ。

 しかし、それだけでは足りない。実は、生き続けるためのカギは「新陳代謝」にある ―― 。

会社は老化する

 「会社の目的」とは、絶え間なき創造、つまり独自価値を創造し続けることである。

 だが、その実現は容易ではない。一度は創造に成功しても、多くの場合、続かない。なぜ「創造し続ける」ことは、それほど難しいのか。

 それは、会社は「老いる」からである。会社は誕生する時に最も生気、活気に充ち溢れている。しかし、時とともに熱気や情熱は失われ、創造よりも管理に軸足が移っていく。

 この老化こそが、生きている会社であり続けるための最大の敵なのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス