マンガーの投資術

Original Title :THE TAO OF CHARLIE MUNGER:A Compilation of Quotes from Berkshire Hathaway's Vice Chairman on Life, Business, and the Pursuit of Wealth

投資・資産運用
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

世界屈指の投資会社バークシャー・ハザウェイの副会長、チャーリー・マンガーの箴言を収録。会長のウォーレン・バフェットは言う。「そこそこの会社を割安な価格で買おうとするのではなく、すばらしい会社を適正な価格で買いなさい」という彼の指示に従った結果が、今の同社だと。そんな天才投資家の珠玉の言葉を披露する。

要約

伝説的投資家チャーリー・マンガー

 20世紀および21世紀を代表する伝説的な投資家、チャーリー・マンガー。今日、93歳のマンガーは時価総額3620億ドルのバークシャー・ハザウェイの副会長である。

 同社会長兼CEOのウォーレン・バフェットは、マンガーについて次のように語っている。

 「チャーリーの最大の功績は、今日のバークシャー・ハザウェイを設計したことである。彼が私に示した青写真はシンプルだった。そこそこ(フェア)の会社を割安(ワンダフル)な価格で買おうとするのではなく、すばらしい(ワンダフル)会社を適正(フェア)な価格で買いなさい ―― この指示通りに投資事業を進めてきた結果として、現在のバークシャーがある」

 マンガーは、1924年にネブラスカ州オマハに生まれた。高校卒業後、ミシガン大学に入学。しかし真珠湾攻撃の1年後、大学を中退して陸軍航空隊に入隊した。戦争が終結すると、ハーバード大学ロースクールに入学。1948年、優秀な成績で卒業し、法律事務所に入った。そこで数多くの不動産取引などに携わり、ビジネスを学んだ。

 1959年の夏、彼は友人からウォーレン・バフェットを紹介された。たちまち2人は意気投合し、ビジネスと株式について熱心に語り合った。これが2人の馴れ初めだった。

 その後、マンガーは友人と投資パートナーシップを設立。1961~69年、年率平均37.1%という驚くべきリターンを達成した。だが1973~74年の株価暴落で痛手を負い、75年にファンドを閉鎖。14年間の年率平均リターンは24.3%だった。

 1979年に、マンガーはバークシャー・ハザウェイの筆頭副会長に就任した。それ以来、投資と経営に関する意思決定に際して、マンガーはバフェットを支え続けてきた。

 バフェットは、自身の投資スタイルを振り返り、マンガーの影響について次のように述べた。

 「チャーリーは、ベンジャミン・グレアム(割安株投資の創始者とも呼ばれる、バフェットの師)から教わったままに割安だから買うという単純な戦術にとらわれていた私が新たな一歩を踏み出すのを後押ししてくれた。これこそ、彼が私に与えてくれた真の影響である。グレアムの考え方の限界を超えるためには、チャーリー・マンガーの思考の力が必要だった」

 

投資、事業、人生についての金言

 では、マンガーにとっての投資、事業、そして人生とは? 彼の言葉から読み解いていこう。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第12版)

バートン・マルキール 日本経済新聞出版社

投資の大原則 [第2版]

バートン・マルキール 日本経済新聞出版社

お金に困らない人生をおくる ライフサイクル投資術

イアン・エアーズ 日本経済新聞出版社

私の財産告白〈新装版〉

本多静六 実業之日本社