2018年8月号掲載

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

Original Title :The Most Important Thing:Uncommon Sense for the Thoughtful Investor

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

世界最大級の投資運用会社オークツリー・キャピタル・マネジメントの創業者が、自身のキャリアを支えてきた投資哲学を語った。周りとは反対の「逆張り」をする、我慢強くチャンスを待つ、無知を知る…。40年以上の豊富な投資経験から得られた教訓は、リスクから身を守り、市場に勝ち続けるためのヒントを与えてくれる。

要約

投資を成功へと導く「教え」

 過去20年間にわたり、私は顧客にレターを書いてきた。このレターで私は、自らの投資哲学を披露し、金融市場の機能について論じてきた。

 これらのレターから、今日にも当てはまる教訓を紹介しよう。

「二次的思考」をめぐらす

 私が考える、「成功する投資」の定義。それは、市場と他の投資家を上回るパフォーマンスをあげることだ。そして、そのために必要なのは、より鋭敏な思考、「二次的思考」である。

 例えば「これは良い企業だから、株を買おう」というのが一次的思考。一方、「これは良い企業だ。ただ、周りは偉大な企業と見ているが、実際にはそうではない。この株は過大評価されていて割高だから売ろう」というのが二次的思考だ。

 一次的思考は単純で底が浅く、誰でもできる。一方、二次的思考は奥が深く、複雑である。二次的思考をするには、次のように多くのことを頭に入れなければならない。

  • ・今後、どのような範囲の出来事が起こりうるか?
  • ・その中で、実際に起きると思うのはどれか?
  • ・その予想が当たる確率はどれぐらいか?
  • ・コンセンサス(アナリストの業績予想の平均)はどうか?
  • ・自分の予想はコンセンサスとどう違うのか?

 一次的思考をする者は、他者と同じように考え、だいたいは同じ結論にたどりつく。当然、これではすばらしい成果をあげることはできない。

リスクをコントロールする

 私の考えでは、優れた投資家はリターンを生み出す能力と少なくとも同じぐらい、リスクをコントロールする能力を持っている。そして、獲得するリターンに相応する水準よりも低いリスクをとる者こそ、優れた投資家だと私は考える。

 つまり、低いリスクをとってほどほどのリターンをあげたり、ほどほどのリスクをとって高いリターンをあげたりする者だ。高いリスクをとって高いリターンを達成しても意味はない。何年にもわたって実現できるのであれば、話は別だが…。

サイクルに注意を向ける

 投資の世界では、確実なことはほとんどない。価値は消失するかもしれず、予測は外れうる。それでも、胸を張って信じられる原則が2つある。

  • ①ほとんどの物事には、サイクルがある。
  • ②利益や損失を生み出す大きな機会は、周りの者が原則①を忘れた時に生じることがある。

 ほとんどの物事は一本調子には進まない。前進もすれば、後退もする。物事は上昇と下降、成長と衰退を繰り返す。経済、市場、企業も例外ではない。必ず浮き沈みがあるのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第12版) 株式投資の不滅の真理

バートン・マルキール 日本経済新聞出版社

アリエリー教授の「行動経済学」入門 -お金篇-

ダン・アリエリー 早川書房

[徹底解明] タックスヘイブン グローバル経済の見えざる中心のメカニズムと実態

ロナン・パラン 作品社

60歳までに「お金の自由」を手に入れる!

榊󠄀原正幸 PHP研究所(PHPビジネス新書)