決定版AI 人工知能

マネジメントIT・インターネット科学・技術・環境
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

著者は、AIの各種プロジェクトに従事する2人のスペシャリスト。AIは、新サービスの創造やビジネスの拡大に役立つという。ただし、AIを「何でも回答してくれる魔法のコンピューター」と捉えると、ビジネスでの成功は難しい、とも。本書では、AIへの誤解を解き、ビジネスに活用して成功するためのポイントを徹底解説する。

要約

AIがもたらす付加価値とは

 皆さんは、AI(人工知能)にどのようなイメージをお持ちだろうか。質問すれば何でも回答してくれる、「人間と同等かそれ以上の知能」と捉えている人も多いのではないだろうか。

 だが、AIをそう考えると、ビジネスでの成功は難しくなる。どちらかといえば、AIは「生活のあらゆる場所に溶け込み人間をサポートするもの」と考えるのがよいだろう。

 ビジネスにおけるAIの活用には、大きく分けて4つの方向性がある。

①既存業務の効率化や高度化

 1つ目は、今まで人が対応していた業務をAIで置き換えたり、もしくは人をAIでアシストしたりするパターンである。

 AIで人をアシストすることを、IA(Intelligence Amplification:知能増幅)と呼ぶ。ビジネスにおけるIAのイメージは、「人がAIの支援を受けて生産性を向上させ、業務を効率化する」というものであり、IAの適用先には接客業務や審査業務などがある。

 現在のAIは、人の発する言葉やその意味を正確に捉えることは苦手だが、膨大な情報を記憶したり、データに基づく客観的な判断をしたりすることは得意である。

②AIによる新規サービスの立ち上げ

 2つ目はAIでデータ分析を行い、その結果を利用して新サービスを創造するパターンである。

 例えば、冷蔵庫メーカーがセンサーとAIを活用して、ユーザーが購入した野菜や果物を正確に把握できるとしよう。

 購入した商品を把握できれば、購買履歴をもとにレシピ情報を提供するサービスや栄養バランスについて助言するサービスを提供できる。栄養バランスが健康に直結することに気づけば、生命保険にまで進出できるかもしれない。

 データを収集可能な立場にある企業が、AIを活用して、業界を超えた参入を行う例は今後増えていくと考えられる。

③ビジネスのスケール加速

 3つ目は、AIによりビジネスを「スケール」(拡大)させるパターンだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部