2012年11月号掲載

新幹線お掃除の天使たち

企業・業界事例
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

新幹線の車両清掃を行う鉄道整備株式会社、通称「テッセイ」が、今注目を集めている。手際よく清掃する、プロの技だけではない。礼儀正しさや乗客への気配り、四季を感じられるよう夏は浴衣姿で接客するなど、数々の心遣いが乗客を感動させている。「お掃除の天使たち」。こう呼ばれる、輝きに満ちたスタッフはいかにして誕生したか、本書はその取り組みを追う。

要約

最強のチーム、「テッセイ」

 新幹線の車両清掃をしている会社が、数多くのツイッターで盛んにつぶやかれている。

 「清掃員の早技スゴすぎ!」

 「新幹線に乗るたびに思うけど、丁寧に車両内を清掃してテキパキと働く人たち。他の国ではここまでやらないよね」

 「新幹線が遅れてみんながイライラしてる中、駅のスタッフさんが子どもにシールを配ってまわってる。こーゆーの大事だよね」

 この会社の名前は、鉄道整備株式会社。通称テッセイ。JR東日本のグループ会社だ。

 同社の仕事は、車両や駅内の掃除である。地味で目立つことのない仕事だ。そうした会社がツイッターだけでなく、『日経ビジネス』では「最強のチーム」として紹介され、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でも取り上げられた。

 清掃会社が、なぜこれほど話題を集めるのか?

「お掃除の天使たち」が働く会社

 この会社で働く人たちは、「お掃除の天使たち」と呼ばれる。

 お掃除の天使たちが1日に清掃する車両数は約1300両。1チームの基本編成は22名で、各チームは、多い時には1日約20本の車両清掃を行う。

 早出、遅出はあるし、相当ハードに身体を動かす仕事。東京駅の東北・上越新幹線などの折り返し時間はわずか12分。降車に2分、乗車に3分かかるので、清掃にさける時間は7分しかない。

 その間に、車両清掃、トイレ掃除、ゴミ出し、座席カバーの交換などを完璧に終える。それが、テッセイの車両清掃チームの任務である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

仕事の哲学

酒巻 久 PHP研究所

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

OODA Management

原田 勉 東洋経済新報社