2011年3月号掲載

伝説の外資トップが説く リーダーの教科書

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

著者の新将命氏は、ジョンソン・エンド・ジョンソンをはじめ複数の外資系企業で社長を務めた人物。本書は、この“伝説の外資トップ”によるリーダー論である。豊富な体験を下敷きに語られる、リーダーの心得、磨くべきスキル等の話は、多くの気づきを読む者に与えてくれる。現在そして未来のリーダーにとって、まさに教科書といえる書である。

要約

リーダーであることの意味と責任

 「どうすれば、もっとうまく組織を動かせるようになるのだろう?」「部下の意欲を高めて、活力ある組織を作るにはどうすればいいか?」…。

 組織を率いるリーダーの悩みというのは、今も昔も変わらない。

 難しい組織運営を担うリーダーが心得ておくべきこと。それには、次のようなものがある。

「サラリーマン」ではなく「ビジネスマン」になれ

 良きリーダーになりたい。そんな思いを持つ人に、まず知ってもらいたいのは、サラリーマンとビジネスマンは違うということだ。

 サラリーマンとは、何時から何時までと、決められた時間に仕事をする人のこと。ビジネスマンとは、会社に「結果」を出しにいく人のことだ。

 経営学者、故ピーター・F・ドラッカーは言う。「報酬は貢献に対して与えられるべきである。単なる努力は賞賛の的にすぎない」と。

 そもそも会社は、評論や努力で伸びるのではなく、結果の継続的な累積によって伸びるものだ。

 会社が求める人材とはすなわち、結果が出せる人である。自分の仕事に関して「所期の目標」を達成し、結果が出せる。こういう“結果人間”だけが、会社にとって重要なのだ。

 あなたの会社、そしてあなたはどうだろうか。

「付加価値」を意識せよ

 組織の中で高い評価を得るのは、「付加価値」を意識した人である。会社を伸ばすという責任を果たす上で、プラス効果をもたらすからだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス