プラットフォーム戦略

企業戦略・戦略論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「プラットフォーム戦略」とは、グーグル、アマゾン、楽天などが採用している戦略で、様々なグループを集めて「場」(プラットフォーム)を作ることによって、新たな付加価値を創造する、というもの。本書は、楽天市場やiモードをはじめ、様々な事例を引きつつ、この戦略の概要、および“勝てるプラットフォーム”を作るためのポイントを説明する。

要約

プラットフォーム戦略とは?

 「グリーがプラットフォーム戦略を発表」「アマゾン、アップル、グーグルが新しい電子書籍のプラットフォームを発表」など、最近「プラットフォーム」という言葉を頻繁に目にする。

 このプラットフォーム戦略は、今、最も注目されている世界最先端の経営戦略である。

 では、それは一体どのようなものなのか。

 例えば、インターネット・ショッピングモールの楽天市場では、多くの小売店がモノを売っている。だが、楽天自身はモノを売るわけではない。

 すなわち、多くの店を楽天市場という「場」に集め、そこに多くの顧客を呼んでいるわけだ。

 こういう場が、プラットフォームである。

 「お見合いクラブ」もプラットフォームである。出会いを求める男女に魅力的な場を提供し、双方からの参加を募ることで、このビジネスは成立している。男性に年1万円程度の会費と、参加ごとに参加料を請求し、女性は無料といった具合だ。

 つまり、男性・女性という互いに引き合う2つのグループをマッチングさせる場を提供し、かつ、場において双方が直接・間接的にやりとりするのを促すというビジネスモデルなのである。

 このように、複数のグループをつなぐことで付加価値を創造することが、プラットフォーム戦略の本質といえる。

 従って、プラットフォーム・ビジネスを定義すれば、次のようになる。

 「複数のグループのニーズを仲介することによって、グループ間の相互作用を喚起し、その市場経済圏を作る産業基盤型のビジネスモデル」

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

邪悪に堕ちたGAFA

ラナ・フォルーハー 日経BP

DX実行戦略

マイケル・ウェイド 日本経済新聞出版社