2009年8月号掲載

人を動かす[新装版]

Original Title :HOW TO WIN FRIENDS AND INFLUENCE PEOPLE

コミュニケーション・心理学自己啓発スキル・能力開発

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人間関係に関する研究の先覚者、デール・カーネギーの代表作。原題は『How to Win Friends and Influence People』(友をつくり人を動かす法)で、1936年に初版が発行されて以降、半世紀以上を経た今日でも世界中で売れ続けている。それは、人を動かす、人を説得する、人に好かれるといった対人関係の問題は、いつの時代の人間にとっても、困難で、切実な課題だからだろう。

要約

人を動かす3原則

 自分の思うように、人を動かす。

 そのためには、次の3原則を守る必要がある。

①批判も非難もしない。苦情も言わない

 「俺は働き盛りの大半を、世のため人のために尽くしてきた。ところが、どうだ ―― 俺の得たものは、冷たい世間の非難とお尋ね者の烙印だけだ」

 こう嘆いたのは、暗黒街の王者アル・カポネだ。彼ほどの極悪人でも、自分では悪人だと思っていなかった。むしろ自分は慈善家だと考えていた。

 人は、たとえ自分がどんなに間違っていても、決して自分が悪いとは思いたがらないものだ。

 人の過ちを正したりすると、相手は逆にこちらを恨む。人を非難するのは、天に向かって唾するようなもので、必ずわが身に返ってくる。

 若い時は人づきあいが下手だったベンジャミン・フランクリンは後年、人を扱うのがうまくなり、駐仏米大使に任命された。

 彼は、「人の悪口は決して言わず、長所をほめること」が、その成功の秘訣だと言っている。

 人を非難する代わりに、理解するよう努めよう。どうして相手がそんなことをしでかすに至ったか、よく考えてみよう。その方がよほど得策である。

②率直で、誠実な評価を与える

 人を動かす秘訣は、この世にただ1つしかない。「自ら動きたくなる気持ちを起こさせること」だ。言い換えれば、相手の欲しているものを与える。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社