2006年1月号掲載

現代の経営[上・下] ドラッカー名著集2・3

Original Title :THE PRACTICE OF MANAGEMENT

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

“マネジメントの父”と称されるピーター・F・ドラッカーは、96年の生涯において、約50冊の著作を残している。その中でも、本書『現代の経営』は、氏の経営書の三大古典の1つに数えられる、総合的経営書である。原著は1954年、ドラッカーが44歳の時に著されたものだが、その内容は今もなお色褪せない。企業経営における原理原則と、その全容を見渡す上で必須の1冊であると言える。

要約

第1の機能:事業のマネジメント

 一般にマネジメントとは、企業のマネジメントを意味する。

 そして、その企業の存在理由は、財とサービスの提供にある。すなわち、企業の本質を規定する決定的原理は、あくまでも経済的な成果である。

 従って、マネジメントは経済的な成果を上げることによってのみ、その存在が正当化される。

 このマネジメントの機能は、3つに大別できる。第1の機能は、「事業のマネジメント」である。

企業の目的

 企業とは何か。これを理解するためには、企業の目的から考える必要がある。

 企業の目的として有効な定義はただ1つ、「顧客を創造する」ことである。

 企業の行為が人間の欲求を有効需要に変えた時、初めて顧客が生まれ、市場が生まれる。

マーケティングとイノベーション

 企業の目的が顧客の創造であることから、企業には2つの基本的な機能が存在することになる。「マーケティング」と「イノベーション」である。

 一方、イノベーションはより優れた、より経済的な財やサービスを創造・供給することだ。企業は、より優れたものを創造し供給する必要がある。

 企業にとって、より大きなものに成長することは必ずしも必要ではない。しかし、常により優れたものに成長する必要はある。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP