2001年10月号掲載

人物を修める 東洋思想十講

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

本書は、1977年に「東洋思想十講」と題してまとめられた安岡正篤氏の講演録を、改題したものである。「人の人たるゆえんは、実に『道徳』を持っておるということ」と言う氏が、その深い学識に基づいて、仏教、儒教、老荘など、東洋思想の哲理を解き明かし、人物を高めるためにはどうすべきかを示す。“安岡人間学”の真髄が味わえる1冊。

要約

思考の3原則

 「多忙」は、現代社会に共通の現象であるが、人間、忙しいと自分の大事な心まで失ってしまう。

 それは、「忙」の字が「忄(りっしん)」偏に「亡」と書いてあることから見ても、よくわかる。

 幕府の大学総長の職に長くあった佐藤一斎は、『重職心得箇条』を著した。

 これは、およそ重役たる者はぜひとも読むべき文献の1つだが、その中で「重役たる者は忙しいということを口にしてはいけない」と言っている。

 つまり、忙しいと、文字通り心が亡して、大事なものが抜けてしまうからである。大事なものを失うようでは、重役としての務めは果たせない。

 では、大事なものを失わないためにはどうすればよいのか。それについては、「相」―― みるという字が1つの答えとなる。

 「相」という字は、木偏に目という字を書く。同じみるでも「見」の方は、目が二本足の上に乗っている。つまり、立ったまま低い所から見るので、あまり遠方は見えない。

 これに対して「相」は、木に登って高い所から見るので、先が見通せる。

 とかく人間というものは、手っ取り早く安易にということが先に立って、そのために目先にとらわれたりして、物事の本質を見失いがちである。

 これでは本当の結論は出ない。ものを考える際は、次の3つの原則を心得ておかねばならない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)

ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か

水島治郎 中央公論新社(中公新書)