2021.9.10

顕在化してきたスマホの“影”

顕在化してきたスマホの“影”
アップルのスティーブ・ジョブズが亡くなって、今年で早や10年。希代のイノベーターだった彼が世に送り出した製品の中で、世界に最も影響を与えたものといえば、iPhoneでしょう。
「スマホ」の出現は、私たちのライフスタイルを大きく変えました。今やスマホは、生活必需品の1つです。
一方でそれは、SNSやゲームに過度にのめり込む依存者を多数生みだしました。今日、「スマホ依存」は、日本をはじめ先進国で深刻な社会問題となっています。
今回の特集では、そんなスマホの“暗黒面”に切り込んだ書籍5冊を選びました。
これらの書が発する警告が、「正しいスマホとの向き合い方」を考えるための一助となれば幸いです。

2021年2月号掲載

スマホ脳

今、大人は1日4時間、10代の若者は4~5時間をスマホに費やす。だが、スティーブ・ジョブズはじめIT企業のトップには、わが子にデジタル・デバイスを与えない人が少なくない。それらが脳に与える影響を、彼らは見抜いているのだ。依存、学力低下、孤独感…。精神科医がスマホの弊害を明らかにし、デジタル社会に警鐘を鳴らす。

著 者:アンデシュ・ハンセン 出版社:新潮社(新潮新書) 発行日:2020年11月

2019年9月号掲載

僕らはそれに抵抗できない

近年、新しい依存症「行動嗜癖」に陥る人が増えている。それは、スマホを頻繁に覗く、ドラマを何話分も一気に観るなど、行動への依存を特徴とする。著者は、病の背後には、「依存症になるようにデザイン」されたテクノロジーの存在があると指摘。人をのめり込ませるメカニズムを明らかにするとともに、その対応策を提示する。

著 者:アダム・オルター 出版社:ダイヤモンド社 発行日:2019年7月

2014年12月号掲載

依存症ビジネス

「依存症」は酒や薬物に限らない。iPhone、スターバックスのフラペチーノ、あるいはゲームアプリ。現代社会に溢れる、魅力的なものに人々が「病みつき」になるメカニズムは、ヘロイン等がもたらすものと同質だという。では、何が人を依存的行動へ駆り立てるのか。かつてアルコール依存症だった著者が、その原因、そして人間の意志の弱さにつけ込むビジネスに迫る。

著 者:デイミアン・トンプソン 出版社:ダイヤモンド社 発行日:2014年10月

2018年6月号掲載

サイバー・エフェクト 子どもがネットに壊される

今日、3~4歳の幼児の16%が自分用のタブレットを、8~11歳児の30%超がスマートフォンを持っているという。こうしたデジタル・テクノロジーは、彼らの成長にどんな影響を及ぼすのか。米人気ドラマ「CSI:サイバー」の主人公のモデルにもなった心理学者が、最新の研究を踏まえ解説。子どもを持つ親たちに警鐘を鳴らす。

著 者:メアリー・エイケン 出版社:ダイヤモンド社 発行日:2018年4月

2018年5月号掲載

スマホが学力を破壊する

スマートフォン(スマホ)を使う時間が長いほど、子どもの成績が下がる ―― 。「脳トレ」の第一人者が、スマホ使用の危険性や、脳に及ぼされる影響を、数年間にわたる大規模調査の結果を基に解き明かした。今や青少年の約95%が利用するスマホ。親も子も共に使い方を考えなければ、脳機能はどんどん低下すると警鐘を鳴らす。

著 者:川島隆太 出版社:集英社(集英社新書) 発行日:2018年3月

他のおすすめの特集