2024年2月号掲載

THE POWER OF REGRET 振り返るからこそ、前に進める

Original Title :THE POWER OF REGRET (2022年刊)

THE POWER OF REGRET 振り返るからこそ、前に進める ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「あの時、別の道を選んでいれば」…。悩んでも過去は変えられないのに、私たちは後悔する。そして、悔やまないことが正しい生き方だと思う。しかし、世界屈指の経営思想家である著者によれば、後悔は健全な感情で、希望をもたらすもの。本書は、人間だけにある、この感情がもつ力を説き、うまく付き合う方法を紹介する。

要約

後悔は人間を人間たらしめるもの

 後悔は時間の無駄であり、精神的幸福を妨げる―― このような発想は、世界のあらゆる文化圏で声高に唱えられている。

 しかし、この考え方は決定的に間違っている。後悔することは、きわめて健全で、誰もが経験し、人間にとって欠かせない感情である。

「タイムトラベル」と「ストーリーテリング」

 私たちが「後悔」と呼んでいる感情、その正体は何なのか。これまで科学者や神学者など、様々な分野の専門家たちがその定義を試みてきたが、後悔を正確に定義することは難しい。

 なぜなら、後悔は1つの状態というより、プロセスと考えるべきものだからだ。

 人が後悔を感じるプロセスは、人間が持つ2つの能力とともに始まる。「脳内で過去と未来を訪ねる能力」と「実際に起きていないことをストーリーとして語る能力」である。人間はタイムトラベラーであり、ストーリーテラーでもあるのだ。

 例えば、次のような後悔を打ち明けた人がいる。

 ―― 大学院の学位を取得すればよかったと思っています。当時の私は父親の願望を受け入れて、大学院を中退してしまったのです。学位を取得していれば、私の人生は違うものになっていたでしょう。もっと満足感を味わえたはずです。

 この女性は自分の現状に満足できず、脳内で過去に立ち戻ったのだ。そして、実際に起きたこと(父親の望みに従ったこと)をなかったことにし、それとは別のシナリオを思い描いた。

 こうしたタイムトラベルとストーリーテリングの能力は、人間だけがもっている能力だ。

「比較する」ステップと「分析する」ステップ

 後悔のプロセスが完了するまでには、さらに2つのステップを経なくてはならない。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

年寄りの話はなぜ長いのか

高田明和 東洋経済新報社

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)