2023年2月号掲載

アンラーン戦略 ――「過去の成功」を手放すことでありえないほどの力を引き出す

Original Title :UNLEARN (2019年刊)

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「アンラーン」とは、これまでの成功体験や習慣を手放し、新しい行動に改めるプロセスのこと。「脱学習 → 再学習 → ブレークスルー」。これら3つから成る〈アンラーンのサイクル〉を持続的に回せば、停滞することなく進化し続けるという。本書は、この成長戦略の威力、構造、方法論など、全体像を豊富な事例とともに示す。

要約

アンラーンの驚くべきパワー

 テニス界のスーパースター、セリーナ・ウィリアムズは、2010年のシーズンのはじめ、女子テニス界の世界ランキング1位だった。

 だが、その後、ケガのため戦線離脱。この年の世界ランキングは4位で終わった。

 翌2011年後半に戦線に戻ったが、この年の世界ランキングは12位で終わる。2012年には、全豪オープンで世界ランク56位の選手に敗れ、全仏オープンでは世界ランク111位の選手に敗れた。

 彼女の脳裏では疑念が渦巻く。これまでやってきたことはすべて実践し、長くハードなトレーニングをこなした。それなのに、これまで成功をもたらしてくれた何もかもが役に立たず、勝てない。

よみがえったセリーナ

 全仏オープンでの衝撃的敗戦の直後、セリーナは練習するためのコートをパリで探した。そしてパトリック・ムラトグルーがコーチを務める、ジュニアのためのテニス・アカデミーを見つけた。

 アカデミーに来たセリーナの練習を観察したムラトグルーは、彼女に率直な意見を述べた。

 「打つたびにバランスを崩している。だからミスが多い。それから、全体重がショットに乗り切っていないからパワーが失われてしまう」

 彼の観察力に興味を持ったセリーナは言った。「それなら、その問題に一緒に取り組みましょう」。彼女が初めてテニスラケットを握った時から指導してきた父に代わって、確固たる実績があるわけでもないこの人物をコーチにしたのだ。

 その後の顛末は、「桁外れ」としか言いようがない。セリーナは19試合で優勝し、ウィンブルドンと全米オープンでも優勝を果たし、2012年のオリンピックでは金メダルを獲得した。

 セリーナは、猛烈な勢いで帰ってきたのだった。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く 深く考える七つの技法

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業

ジム・クウィック 東洋経済新報社

妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方

暦本純一(編) 祥伝社