2022年7月号掲載

THINK AGAIN(シンク アゲイン) 発想を変える、思い込みを手放す

Original Title :THINK AGAIN (2021年刊)

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

本当に頭の良い人とは、「考えること」よりも「考え直す」ことのできる人 ―― 。今日、情報技術の進歩により、日々膨大な情報が生まれ、すぐ古くなる。今の時代を生き抜くには、既存の知識や考えを常に見直すことが欠かせない。そんな現代社会に必須ともいえる「再考する」ことの重要性、そして発想を変えるための方法を説く。

要約

「再考する」ことの重要性

 知性とは、考える・学ぶ能力だとされている。しかし、変化の激しい時代を生きるために、考えること・学ぶこと以上に貴重な認知スキルがある。

 それは、「考え直す、学びほぐす(知識をリセットし、学び直す)」能力だ。この「再考する」スキルを身につければ、仕事においても生活においても、よりよい成果を上げられる。

 発想を変え、新たな観点から見つめ直すことで、それまで解決できなかった問題の答えを見つけ、新たな問題に取り組めるはずだ。

「ブラックベリー」開発者の明暗

 再考の大切さを示す例として、マイク・ラザリディスの成功と凋落がある。

 かつて彼が開発した、ワイヤレスのEメール受送信のためのデバイス、「ブラックベリー」は大人気を博した。2009年夏には、アメリカのスマートフォン市場のほぼ半分を占めていた。ところが、iPhoneが登場するとブラックベリーは衰退の一途を辿り、2014年までにそのマーケットシェアは1%以下に急落した。

 ラザリディスは共同創業者であり、ブラックベリーの技術・製品開発において全責任を担っていた。彼が固定観念にとらわれず、考え直すことができたなら、衰退を阻止できたかもしれない。

 画期的なiPhoneの登場で市場が沸いても、彼は自分の信念を崩さず、過去に一世を風靡したブラックベリーの機能にこだわり続けた。人々が求めているのは、仕事用のメールや通話のためのワイヤレス端末で、ホームエンターテインメント用のアプリを搭載したポケットサイズのコンピューターではない ―― そう信じて疑わなかった。

 社員から様々な提案があっても、Eメールにこだわり、試そうとしなかった。彼の保守的な見方により、同社は成長のチャンスを逃してしまった。彼の知性は、疫病神だったのかもしれない。

「脳の処理速度」と「思考の柔軟性」の関係

 ある研究で、「数学の達人はより優れたデータ分析力を持っているか」について調査が行われた。結論から先に言うと、数学の達人のデータ分析力は優れている。ただしそれは、データの内容が当たり障りのないものの場合だ。

 もしデータの内容が、強い感情を引き起こすイデオロギー的な問題(例えば、アメリカの銃規制)に関するものだとしたら、どうだろう?

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社