2022年1月号掲載

大下流国家

社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人口やGDPなど、あらゆる指標で停滞する日本。ある調査では、「すでに繁栄の時代は終わっている」と多くの人が回答した。一方では、社会に対する不満が減少し、中流意識が回復しているという意外なデータもある。ベストセラー『下流社会』の刊行から16年。最新調査をもとに、下流化が進む「日本の現在地」を徹底分析する。

要約

日本の繁栄は終わった?

 2020年11月、25~54歳の男女2523人を対象に「日本人の意識と価値観調査」を行った。そこで「日本の繁栄はいつまで続くか」という質問をしたところ、次のような結果が得られた。

 

 

 上記の通り、多くの国民が日本の繁栄の終焉を感じているのだ。

 男女差はあまりなく、年齢別で見ると25~34歳の若年層では「すでに繁栄の時代は終わっている」は54%と少なめである。また、年収が高いほど繁栄時期が長く続くと考える傾向がややある。就業形態別では、公務員は繁栄時期が長く続くと考える傾向が強い。

 「すでに繁栄の時代は終わっている」と答える人が明らかに少ないのは、自民党の支持者である。

 逆に、自民党を支持しない人では、「すでに繁栄の時代は終わっている」が82%もある。

2100年に日本の人口は世界40位前後になる

 悲観の主因は、日本の人口減少である。

 国連の推計によると、2100年の日本の人口は7496万人で、世界36位(2020年は11位)。日本の国立社会保障・人口問題研究所の推計は、国連の推計よりも少ない5972万人で、それだと世界44位である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)