2022年1月号掲載

「社会主義化」するアメリカ

国際・世界情勢社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

アメリカ合衆国。自由と競争を愛するこの国で、今、「社会主義」にひかれる若者が増えている。国民皆保険や授業料無償化、所得再分配…。彼らはこうした政策を支持する。本書は、これら「ミレニアル世代」「Z世代」と呼ばれる、1981~2012年生まれの若者を分析したもの。彼らの特徴、そして政治や社会に及ぼす影響を説く。

要約

米国の若者の社会主義ブーム

 近年、米国では「社会主義」に傾倒する若者が急増している ―― 。

4~5割は社会主義に好意的

 米国では生まれた年によって世代が区分され、「ベビーブーマー世代(1946~64年)」「X世代(1965~80年)」「ミレニアル世代(1981~96年)」「Z世代(1997~2012年)」などと呼ばれる。

 今、このミレニアル世代以降の「若者」の間で社会主義がある種のブームになっている。

 英調査会社ユーガブが米国人を対象に2020年に実施した世論調査によると、社会主義に好意的な人は前年の36%から40%に増加。特に、Z世代では前年の40%から49%まで増えた。ほぼ2人に1人は社会主義に好印象を持っている計算だ。

 ミレニアル世代については、社会主義に好意的と回答した人は47%。資本主義に好意的と回答した人(43%)を上回る。

ミレニアル世代以降が総人口の過半に

 2019年時点で、ミレニアル世代の人口は約7200万人。ベビーブーマー世代(約6900万人)を抜いて、最大の人口集団となった。

 さらに2020年時点で、ミレニアル世代とZ世代、それ以降のポストZ世代(2013年生まれ~)を合わせた世代は、総人口の過半を占めた。

 米国では、18歳になると選挙権を得られる。今後、Z世代で選挙権を得られる人が徐々に増えていくと、投票資格のある有権者に占める若者の比率も徐々に高まっていく。

人種面の多様性

 ミレニアル世代とその後のZ世代の最大の特徴は、人種面での多様性にある。

 ベビーブーマー世代やそれ以前の世代では、白人の占める比率は70%を超えていた。しかし、ミレニアル世代では白人比率は55%に低下。Z世代では51%まで下がり、ポストZ世代では5割未満になる。米国史上で初めて、白人という多数派が少数派に転じる世代が生まれる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)