2021年12月号掲載

ブッダが見つけた四つの真実

Original Title :WHAT MAKES YOU NOT A BUDDHIST

人生論文化・思想・歴史

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

世界三大宗教の1つで、今や西洋でも広く信仰される仏教。その本質をわかりやすく説いた書だ。仏教の基本概念は〈四法印〉と呼ばれ、「諸行無常」「一切皆苦」などの言葉で知られるが、初心者には理解しにくい。これらの概念を、難しい仏教用語を使わず語る。著者はブータン生まれ、世界を股にかけ、仏教の普及に努める人物。

要約

すべてのものは無常である

 仏教の本質は、非常にシンプルである。にもかかわらず、それを説明するのは容易ではない。

 ブッダとは仏教における「神」である、と多くの人が誤解している。ブッダはもともとゴータマ・シッダールタという名の普通の人間であった。天上の存在ではない。

 そして仏教徒とは、次の4つの真実を受け入れた者のことをいう。

    • ・組み合わせによって成り立つすべてのものは無常である。
    • ・すべての感情は苦しみである。
    • ・すべてのものは本質的には存在しない。
    • ・涅槃とは概念を超越したものである。

 これら4つの言葉はブッダ自身によって語られたものであり、「四法印」として知られている。これらの四法印を受け入れる人は皆、ブッダと同じ道をたどっていると考えることができる。

ブッダが見つけたもの

 ゴータマ・シッダールタは菩提樹の下に広げたクシャの葉の上に座り、人間の本質を探った。長い黙想の後、彼はある結論に達した。

 それは、私たちの肉体や骨を含むすべての形あるもの、そして私たちのすべての感情や知覚は、組み合わせによって成り立っているということだった。つまり、それらは2つ以上のものが一体となることで出来上がっているのである。

 2つ以上の構成要素が一体となった時に、新しい現象は現れる。釘と木はテーブルになり、水と葉はお茶になり、恐れと信仰心、そして救世主は神になる。

 彼は、このことが人間の経験のみならず、すべての事柄や世界全体、そして宇宙にも当てはまることに気づいた。なぜなら、あらゆるものが相互に依存しており、変化をとげるからだ。それだけで独立して、永遠に、純粋な状態で存在する要素は、森羅万象において1つもない。

 こうして、シッダールタは「無常」というものが私たちの通常考えるような死ではなく、変化を意味することを発見した。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社